画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは4月3日、データの収集から蓄積/処理、分析までの一括対応を可能にする強化を行ったビックデータ分析プラットフォーム「Data Platform for Hadoop」と、顧客の具体的な業務課題をデータ分析により解決するプロフェショナルサービス「データインテグレーション・分析サービス」の提供を開始した。

今回、AIによるデータ分析などの機能を強化し、大規模データの分散並列処理による高度な分析、構造化データ・非構造化データを一元管理する「データ蓄積・処理」(提供中)機能に加え、新たに「データ収集」機能やAIエンジンなどを活用した「データ分析」機能を提供する。これにより、データ収集〜蓄積/処理〜分析までが一連となった分析基盤の容易な導入が実現できるという。

データ収集では、多様なデータ(リレーショナル・データベースのデータやログなどのストリームデータなど)を容易かつセキュアに取込み、蓄積やリアルタイム処理のデータフロー設計も行う。

データ分析はオープンソースのAIエンジンを活用し、顧客の特徴・用途に応じたデータ分析を行うほか、今後はAI技術群「NEC the WISE」の分析エンジンとも連携することで、顧客への提供価値を高めていく。

また、現在提供中の「データプラットフォームサービス」と「最適システムメンテナンスサービス」に加え、新たに「データインテグレーション・分析サービス」を提供開始。同サービスは、Data Platform for Hadoopのリファレンスアーキテクチャを元に、顧客のニーズに合わせ、最適なシステムを導入するという。

グローバルにおけるサービス提供は、昨年インドに設立したビッグデータ分析ソリューションの専門組織「Center of Excellence for Analytics Platform & Solutions」を通じて支援する。

データインテグレーション・分析サービスの価格は、いずれも税別でデータインテグレーションが440万円〜、データマイグレーションが1330万円〜、データの見える化が960万円〜、リアルタイム分析が2220万円〜、セキュリティ&ガバナンスが890万円〜。