画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは4月2日 (現地時間)、暗号通貨をマイニングする拡張機能について、Chrome Web Storeのストア規約を変更した。同日からマイニング・スクリプトを備える拡張機能の登録を拒否し、また配信中の拡張機能についても6月末までにストアの登録から外す。ブロックチェーン関連でも、マイニング以外の拡張機能の登録は今後も受け付ける。

暗号通貨の需要の高まりと共に、ユーザーの同意を得ずにバックグラウンドでマイニングを行うスクリプトが埋め込まれた拡張機能が増えていた。

これまで同社は、開発者がビジネス機会を創造できるように、マイニングのみを目的とし、また動作に関する適切な情報をユーザーに提供することを条件に、暗号通貨マイニングの拡張機能をChrome Web Storeで認めていた。しかしながら、Chrome Web Storeにアップロードされるマイニング・スクリプトを備えた拡張機能の約90%が条件を満たしていなかった。そのため、ユーザーの保護を優先して暗号通貨マイニングの拡張機能の全面禁止に踏み切った。