一日中座りっぱなしはよくない。多くの人がそう感じているのではないでしょうか? だからと言って代わりにスタンディングデスクでの作業が良いかというと残念ながらそうでもないよう。

長時間の立ち仕事がつらい時の解決策は?

image via Shutterstock

BUSINESS INSIDER JAPAN」によると

・スタンディングデスクはしばしば、1日中座っているよりも健康的だと言われてきた。

・だが、人間工学に関する雑誌には、これを覆す新たな研究結果が掲載されている。

・2017年に行われたこの調査によると、長時間立ったままでいると、不快感が生じ、反応が鈍くなるという。

(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

座ることも立つことも同一体位ではよくないというもの。長時間立ちっぱなしは足への負担が大きくなるそう。座ることが悪いからといって立っているから大丈夫、と簡単にはいかないようです。

解決策に挙げられているのは休憩にウォーキングを取り入れること。

解決法? Business InsiderのErin Brodwin記者は、頻繁かつ定期的なウォーキングを伴う休憩を取ることだと報じている。

(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

おすすめは隙間時間にはじめるウォーキング

歩くことのプラス面は周知の事実。関節に負担も少なく、脈拍も必要以上に上がらず、身体的負担も少なく利が多いものです。私も最近肩こりがひどく接骨院にかかったところ、肩こりも腰や体幹の弱さからきていることが多いと聞きました

対策として一番にすすめられたのは、やはり生活の中で意識して歩くこと。体幹を自然と強くしてくれたり、走るより体への負荷が少なかったりと実はいいことばかりなのです。ジムでウォーキングもいいですが、街を歩くのは景色が変わって気分転換に。一度はじめると意外に続くのだとか。

あたたかくなってきた今こそ、休憩時間を体ほぐしに使うチャンス。少しずつ続けて習慣化して行けるといいですね。

BUSINESS INSIDER JAPAN