ダイソーのフェイクフラワーで作る!おしゃれで簡単「スワッグ」

写真拡大 (全13枚)

最近のインテリアトレンドでもある「スワッグ」。壁などに気軽に飾れるおしゃれなアイテムです。生花やドライフラワーを使って作ることが多いスワッグですが、今回はダイソーで手に入るフェイクフラワーだけを使っておしゃれなスワッグを作ります。

【詳細】他の記事はこちら

この記事を試すのにかかる金額

約600円(税抜)

ドライフラワーではなくフェイクフラワーを使う理由

もちろん、手軽に手に入るというのも理由の一つなのですが、実は、ドライフラワーだと埃がたまったときに非常に掃除がしづらいんです。
ドライフラワーは乾燥すればするほど、ボロボロと花が朽ちてしまいます。
その点、フェイクフラワーははたいて埃を落としても、朽ちてしまうという心配がありません。
また、ワイヤーが入っているので形が整えやすいというのも利点のひとつです。

早速作ってみましょう

材料

〇ダイソー 「ビンテージ調フラワー」好みの種類と本数
〇ダイソー ユーカリ 1本
〇麻ひも
〇マスキングテープ、ニッパー

ダイソーの「ビンテージ調フラワー」

今回使うダイソーの「ビンテージ調フラワー」ですが、一見してドライフラワーのよう!
よく見ると紙で作られていることがわかるのですが、

その雰囲気もあまり「安っぽい」という印象がなくとてもかわいらしいです。
ほかにもいろいろな種類のビンテージ調フラワーがありましたので、ぜひダイソー店舗で好みのお花を見つけてみてくださいね。

ダイソーの「ユーカリ」

ダイソーのユーカリも、よく見るとフェイク感はありますが、遠目にみるととてもリアルなんです。
今回はこちらのユーカリをアクセントに入れていきます。

作り方

バランスを見ながら、フェイクフラワーを一つにまとめます。
一旦マスキングテープなどで仮止めをし、ニッパーで余計な茎の部分を切り取ります。

ひっかける部分を作るため、最初に麻ひもで「輪」を作り、

マスキングテープを隠すようにしながら、根本から麻ひもをぐるぐると巻いていきます。

すべて巻き終えたら、しっかりと結んでハサミで余計な紐を切り、完成です。

完成

お好みでリボンなど付けても素敵になりますね。

スワッグの飾り方

シンプルに、壁にひっかけるようにして飾るだけでもとても素敵です。

窓際にひっかけるようにして飾っても

その他、リースのように玄関に飾るのもとても素敵ですね。

手軽に手に入るアイテムで、とっても簡単に作ることができ、お手入れも楽々です。
ぜひ作ってみてくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
ドライフラワーの使い方♪リースよりもスワッグが簡単!
生花をより長く楽しむ。ドライフラワーで生活に彩りを添えて
100均の造花でお手入れが簡単なインテリアを紹介!
春夏秋冬…それぞれの時期の行事で季節を感じよう
アルファベットモチーフの雑貨♡デザインレターズの魅力