男性も育児での「不眠」の深刻さを理解しよう。


 拙著『子どもの地頭とやる気を育てるおもしろい方法』(朝日新聞出版社)を執筆した際、購読するのは女性がほとんどであろうという理由で掲載を見送ったものの、本当はどうしても男性に(そしてその職場の上司に)伝えたいことがありました。それは「育児の不眠と孤独と疲労はシャレにならん!」ということをぜひとも理解してほしいということです。

 出産の疲労が全く癒やせていないまま、3時間おきの授乳がスタートします。初めての出産では、お母さんも授乳するのが初めてだし、赤ちゃんも吸うのが下手で、力もありません。途中で吸うのに疲れて眠ってしまうことも。すると3時間どころか、頻繁に腹減ったと泣く羽目に。このため、極度の睡眠不足に陥ります。

 拷問で一番きついのは眠らせないことだと言います。どんな痛みに耐えた豪傑でも、不眠だけは耐えられないそうです。出産したばかりの女性が味わうのは、まさにこの拷問に相当します。睡眠が細切れになり、しかも短い。もう、フラフラに疲労困憊します。

 そんな中でも女性は、よき妻、よき母親であろうと努める人が多いです。しかし極度の睡眠不足の中で、とても家事をこなせるものではありません。たまる洗濯物、洗い物を見ながら、多くのお母さんが自分を責めます。「もっと頑張って家事をしなきゃいけないのに」と。疲労で動けない自分にむち打ち、精神的に追い詰められ、さらに余裕を失います。

 そこで男性にお願い。夫婦で次のことをコンセンサスとして、出産前から合意形成しておいてください。「笑顔で育児すること。その余裕を奪うなら、たとえ必要な家事であろうと徹底して手を抜くこと。そして人間なんだから、『楽しむ』ことを決して放棄しないこと」。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

あらかじめ「手を抜く」相談を

 頑是(がんぜ)ない子どものやることを笑顔で受けとめるには、親の側に余裕が必要です。女性はよき母親であろうという思いが強く、頑張ろうとしすぎて、でも不眠で疲労困憊のために頑張りたくても頑張れなくて、自分を責める人がとても多く見受けます。頑張り屋さんがとても多い。

 お母さんが笑顔でいるためには、力こぶの入れどころを、これまでとは全く違う形にする必要があります。それは「笑顔でいるために、どれだけ手を抜くか」を徹底して追求することです。整理整頓、家事を怠ったことのない頑張り屋さんの女性だと、おそらく経験したことのない方向での努力が求められます。

 しかしそれには、一緒に暮らす男性と、あらかじめ意識を共有している必要があります。頑張り屋さんの女性の中には、男性が洗い物や洗濯などの家事をするのを嫌がる人もいます。「(育児休暇で)ずっと家にいるのに、家事をこなせないなんて」と、無言で自分を責めているように感じてしまうからのようです。

 そんなことにならないよう、夫婦であらかじめ出産前から相談しておいてください。「出産後の女性は極度の睡眠不足になることが非常に多く、家事の遂行はそもそも困難。家事を女性が全部こなそうという発想そのものに無理がある」ということがあらかじめ二人で合意できていれば、男性が家事をしてもお母さんは自分を責めずにすむでしょう。

 また女性は、男性が家事をする場合、自分のやり方通りに守らせるのを諦めてください。上司が部下に仕事を任せたら、なるべく口を出さないようにした方が働きやすいのと同じ。男性のやり方はヘタクソに見えるかもしれませんが、仕方がない、育つまで待つしかないと、長い目で見る余裕をお持ちください。

 不眠を軽減する一助として、ミルク併用を検討するのも手です。子どもにもよりますし、母乳の方が楽(乳腺がつまりやすい方など)だという女性もいるので一概に言えませんが、母乳だけになると、ミルクを受けつけなくなる子も多く、そうなると、栄養と水分補給は母乳のみに頼る形となり、お母さんは育児から解放される時間を確保することが難しくなります。これはキツい。

 ミルク併用にすれば、男性に授乳する作業を任せることができます。親類、あるいは友人に世話をお願いすることも可能になります。そうすることで、お母さんはひとときの安らぎを確保することが可能になります。

 初めての出産で驚くのは、「24時間ひとときも気を抜けない」という生活が結構な長期間、続くという現実。話に聞くのと実体験するのとでは大違い。仕事していたときの方がずっと楽だったと思い知るでしょう。仕事は自分のペースでできますが、育児は子どものペース。これがシャレになりません。

 泣いている時は「眠ってよ」と疲労困憊、静かに眠っているときは「息してる?」と不安になり、寝息を確認せずにいられません。ミルクをあげてもなかなかゲップをしてくれず(ゲップせずに寝かせると逆流し、窒息する恐れがある)、寝かそうとしてもいわゆる「背中スイッチ」が起動して、寝ていたはずの赤ちゃんが泣きわめいて、再度ダッコしてあやさねばならなくなったり(しかも「座ってる」センサーがあるのか、立ってダッコしないと泣き止まなかったり)。まともな睡眠をとれない中で、か弱き生命をつながなければという緊張感が24時間、毎日続くので、女性は心身ともに疲労困憊します。

 男性は、女性がそうした状況に置かれることを予見し、理解しておいてください。そして夫婦で、その状況をどのように乗りきるかをあらかじめ相談しておいてください。そうすれば、「これがウワサのヤツか」と、夫婦で落ち着いて乗りきれるでしょう。

 西原理恵子さんの次の文章、夫婦で読まれることを強くお勧めします。

(参考)「卒母・西原理恵子の子育ての結論『母乳、食育は放棄。子どものためという呪縛から逃れて』」(AERA dot.)

 お母さんが、そしてお父さんが笑顔で育児を楽しめるようにすることに優るものはありません。笑顔を確保するためなら、家事でもなんでも手を抜くことをあらかじめ相談しておいてください。

育児にも息抜きが必要

 そして、「お母さん自身が息抜きすること」を重視してください。頑張り屋のお母さんは、「育児休暇でずっと家にいるのに、家事もできない。そんな私が遊びにいってよいはずがない」と自分を追い詰めることがあります。違います。睡眠不足なんだから家事ができなくて当たり前。

 そして何よりも、人間は息抜きを必須とする生き物です。もしお母さんが息抜きを拒否すれば、育児を笑顔で迎えることができなくなります。育児を(なるべくでよいのです、人間なんだから怒ったり泣いたりして結構!)笑顔で実施できるようにするためにも、意識的に「息抜き」を導入する必要があります。人間なのだから、自分を人間として扱ってください。

 息抜きは、パートナーである男性ときちんと相談できている必要があります。男性は、自分の奥さんに息抜きが不足していると感じたら、「無理しちゃいけないよ、息抜きしておいでよ」と伝えることが必要です。パートナーから言ってもらえたら、ずいぶん気が楽になりますから。

 ただし、息抜きについてはできれば、出産前に相談を済ましておくことを強くおすすめします。すでに大変な状態に突入してから「息抜きしたらいいよ」と言っても、女性は「きちんと家事をこなせていない自分が息抜きなんかしてよいはずがない」と自分で責めずにいられないような気持ちになるようです。

 それくらいに、母親は自分で自分を追い詰めてしまうことがあるということを事前に知っておき、心構えを持っていると、結果はずいぶん違ってきます。

 私たち夫婦の場合、年を取ってから結婚し、育児することになったので、あらかじめ友人から育児の大変さについて聞いて心準備し、備えていたことが功を奏しました。また、自分達がトシなので、もう無理が利かないというのも、逆説的ですが助けになりました。無理をするのを最初から諦めていましたから。

 そんな私たちでも、嫁さんを追い詰め、泣かせてしまったことがありました。
それについては下記の記事で詳しく書いたことがありますが、女性は本当に頑張り屋さんが多く、もうこれ以上頑張れないところまで自分を追い詰めているのに、さらに頑張ろうとしてしまいます。

(参考)「失われた20年の本当の原因は『頑張りすぎた』から」

 でも私たちは「人間」なんです。睡眠もとらなきゃいけないし、休憩もしなきゃいけないし、息抜きも気晴らしもなければ、笑顔を失ってしまう生き物なんです。笑顔で育児をするには、人間としての弱さを受け入れ、自分に優しくすることが大切です。そのためにも、夫婦でよくよく話し合ってください。

 私の書いたような子育て本を、男性はほとんど読まないと思います。それで結構です。ただ、この記事を読まれたら、夫婦でよく話し合ってください。子育てはお母さんだけがするものではなく、お父さんになるあなたも一緒になってするもの。一緒に笑顔で楽しむにはどうしたらよいか、あらかじめ思考実験を始めてください。

 念のために付け加えますが、西原理恵子さんの記事にもあるように、育児の大変なところは未来永劫続くわけではなく、いつか終わりが来るものです。首が据わったら少し外出できるし、ハイハイするなら育児支援室、歩けば手を引いて散歩できます。成長すればするほど、子育ては途端に楽になります。そして、とてつもなく育児はオモロイです。

 疲労困憊しやすい、極度の睡眠不足に陥りがちの最初の数カ月間を、受けとめ可能なレベルに疲労を抑える。そのために、徹底して手を抜けるところを抜く。お母さん自身の余裕をどう確保するか、パートナーであるお父さんはそのために何ができるか。夫婦でよく話し合ってください。

子育ての背景への理解を

 そして職場の上司の方、あるいは経営者の方は、上記のことをぜひご理解ください。ある程度ご年配の方の場合、子育ては奥さんに任せっぱなしだったという人も少なくないと思います。だから部下も奥さん一人に任せたらよいのに、甘えているんじゃないか、と思われる方がいるかもしれません。しかし残念ながら、社会状況が大きく変化していることにご注意ください。

 子どもたちがたくさんいた団塊世代、団塊ジュニアなどの時代には、ご近所に子育て家庭が多くいましたし、育児の悩みも相談できれば、助け合うこともよくありました。しかし今ではそうした「有形無形の社会インフラ」は失われて久しいです。なにしろ「隣は何をする人ぞ」なのですから。

 いわゆるワンオペ育児(育児の負担が母親一人になってしまうこと)になりやすい社会状況がある以上、極度の睡眠不足に陥って疲労困憊のお母さんを少しでも助けられるのは、パートナーである男性だけ、というケースも非常に多くなっています。

 私は、子育て世代の長時間労働こそが、児童虐待増加の大きな原因ではないかと考えています。その視点での統計学的調査はまだのようですが、専門家の方はぜひ調べていただきたいところです。母親の極度の不眠、孤独、疲労を放置したままでは、状況の改善しようがありません。お母さんたちが笑顔で育児をする「余裕」を確保するには、社会全体の理解が必要です。

 笑顔で育児ができる社会。それは、次世代を育むのにとても重要な条件だと考えます。その視点での働き方改革をぜひ、社会全体で考えていただけたらと切に願います。

筆者:篠原 信