志願者の減少が続く法科大学院 行き詰まりの最大の要因は?

ざっくり言うと

  • 法科大学院への志願者が年々減り続けている理由を筆者が述べている
  • 行き詰まりの最大の要因は、司法試験での合格率の低迷だという
  • 2017年の合格率は約2割で、法科大学院が機能していないのは明らかとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング