角田和将(つのだ・かずまさ)  Exイントレ協会 代表理事  高校時代、国語の偏差値はどんなにがんばっても40台。本を読むことが嫌いだったが、借金を返済するため投資の勉強をはじめる。そこで500ページを超える課題図書を読まざるを得ない状況になり、速読をスタート。開始から8ヵ月目に日本速脳速読協会主催の速読甲子園で銀賞(準優勝)、翌月に開催された特別優秀賞決定戦で速読甲子園優勝者を下して優秀賞(1位)を獲得。日本一となり、その後独立。速読を通じて、本を最大限に活かし、時間の量と質を変えることの大切さを教えるため、国内外を飛び回っている。  セミナー講演では医師、パイロット、エンジニアなどの専門職から経営者、会社員、主婦と、幅広い層の指導にあたり、95%以上の高い再現性を実現している。  大企業から学習塾など、さまざまな分野での研修も実施しており、ビジネスへの活用、合格率アップなどにつながる速読の指導は好評を博している。  教室に通う受講生の読書速度向上の平均は3倍以上で、「1日で16冊読めるようになった」「半月で30冊読めるようになった」「半年間で500冊読めるようになった」など、ワンランク上を目指す速読指導も行っている。  著書に、『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』(ダイヤモンド社)などがある。

写真拡大

速く読めて覚えられる――そんな夢のような読書術があるのだから、読まないわけにはいかないはずだ。15万人が実践し、成功率95%を誇る「本を読む技術」を手に入れれば、本の知識が自身の能力に変わる実感ができるはず。発売即重版し、4刷となった新刊『速読日本一が教える すごい読書術 短時間で記憶に残る最強メソッド』から、これまでの半分の時間で読めて、毎月30冊以上読める読書術を紹介していきます。

なぜ日本人は読む過程で音読するのか

 実際に速く読もうとしたとき、「覚えよう」と思うこと以外に、もう一つ弊害となる要素があります。

 それは「頭の中で音声化してしまう癖」です。

 文章を音声化すると、どうしてもそのスピードには限界があります。音声化は学生時代の国語の授業で、音読をしていたことが原因だと私は考えています。

 先にも触れたとおり、特に幼少期における音読それ自体の教育は必要不可欠なものだと思いますが、速く読むことに関していうと、それはブレーキとして作用するのです。

 文章そのものを見るスピードの限界と、それを音声化して再生しようとするスピードの限界を比較すると、音声化して再生するほうが遅いからです。

 たとえば、この本の1ページを10秒ですべて読み切ることは難しくありませんが、その文章を早口で声に出して音読しようとしたら、1ページ10秒はおろか、20秒でも読み切ることは難しいでしょう。

 人が聞き取りやすいペースで話したときに1分間に話す文字数の目安は300文字といわれています。3倍速のスピードで音読したとしても、この本の1ページを読み上げるのに30秒以上はかかってしまう計算になります。

 もちろん、もっと速いスピードで音声を倍速再生することは技術的に可能で、今は音声を倍速再生するアプリも数多くあります。

 ただ、2倍速くらいならば問題ないものの、4倍速、5倍速とスピードを上げていけばいくほど、音の途切れる部分が多く出てきてしまうのです。

 たとえば会話の中にある「おかあさん、ありがとう」という文章を、倍速で再生していくと、「お、さ、り、う」というように、言葉が切れるような部分が出てきてしまい、意味を取ることができなくなるのです。

 DVDやハードディスクレコーダーにも倍速再生の機能がついていますが、1.5倍速であれば音声と動画が両方とも再生されるものの、それ以上の速さに上げていくと、動画のみが再生され、音声は再生されなくなるものが一般的です。

 このように、音読のスピードを速くしていくことには限界があるのですが、音声化せずに読んでいくことができれば、より速いスピードで読むことが可能になります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)