「掛け捨て=損」はホント!? 払ったお金が126%になる「おトクな保険」の意外な落とし穴

写真拡大

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

「トクする保険」なんてない!

前回までは、みなさんの資産形成エンジンが、過剰な預金のせいでパワーダウンしているというお話をしてきました。じつはもう1つ、預金と同じように家計の重しとなって、燃費を悪化させているものがあります。

それは「保険」です。ここからは何回かにわたって、日本人が大好きな保険について、少し掘り下げてみたいと思います。「保険なんていっさい入っていませんよ」という人にも参考になる情報もお伝えしますので、ちょっと読んでみてください。

日本人が「預金大好き国民」であることは以前に書いたとおり※ですが、じつは保険についても同じことが言えます。

※参考記事
「貯金オンリー」は世界の非常識!? 知識のある家計は7年半で2000万円を倍増させる

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)