幸せな笑顔のふたり。この画像は、『めざましテレビ』の放送後におばたのツイッターにも投稿された

写真拡大

 3月29日に結婚を発表したフジテレビアナウンサーの山崎夕貴とお笑い芸人のおばたのお兄さん。その翌日の『めざましテレビ』と『ノンストップ!』(ともにフジテレビ系)では、この日が山崎の番組卒業の日ということもあって、祝福ムード一色に!

「『めざまし』では、結婚のニュースを自ら読み上げたり、金屏風のセットの前でほかのアナウンサーたちにマイクを向けられ“緊急会見”を開くなど、イジられながらも、温かさに満ちた放送でした。こんなにも“バラエティー的”祝われ方をするアナウンサーはほかにいませんよ」(テレビ誌ライター)

 フジテレビの看板女子アナと、売り出し中の若手芸人という異色の組み合わせながら、交際10か月でスピード婚を果たしたふたり。しかし、これまでの道のりは決して平坦なものではなかった。

「昨年6月、交際報道からわずか1週間後に、おばたさんは写真週刊誌で20代女性ファンとの浮気を報じられたんです。もともと“格差カップル”と言われていただけに、おばたさんの評価はガタ落ち。“別れたほうがいい”といった辛辣な意見も出ましたね」(同・テレビ誌ライター)

 山崎アナの同僚であるフジテレビのスタッフも、この報道に激怒していたという。

「もともと山崎さんは仕事熱心かつ人柄もよく、局内でも屈指の愛されキャラだったんです。

 そんな彼女を裏切ったおばたさんのことが許せないスタッフも多かったようで、“もうあいつを番組で使うのはやめよう”といった声もあがっていました」(放送作家)

おばたが終わらなかった理由

 浮気発覚の後、周囲には「終わった……」と漏らしていたというおばた。その窮地を救ったのは、ほかでもない山崎アナだった。

 いったいどういうことかというと、

「もちろん彼女も傷ついたそうですが、おばたさんの“今後の自分を見てほしい”という言葉を信じ、やり直すことに。スタッフに“(浮気されて)大丈夫?”と声をかけられるたびに、“彼のことを番組で使ってあげてくださいね”と呼びかけていたそうですよ」(フジテレビ関係者)

 彼女の献身のおかげで、おばたが表舞台から姿を消すことはなかった。

「怒りに震えていた関係者も“本人が言うのなら……”と、浮気ネタをイジる方向でバラエティーに彼を起用し始めたんです。ものまね芸を披露する歌番組で共演することもありました。おばたさんも心を入れ替えて芸に励んでいましたし、むしろ仕事は増えたのでは?」(同・フジテレビ関係者)

 世間の厳しい荒波を乗り越え、ついにゴールインしたふたり。しかし、早くも“新たな壁”が立ちはだかっているようで……。

「独身時代は、派手なテレビ業界にしては質素な家賃10万円ほどの家に住むなど、倹約家な一面のある山崎さんですが、意外にも料理が得意でなく、ほとんど自炊をしなかったそうです。代わりにいつもおばたさんが作っていたんだとか。しかし、結婚を機に一緒に住むようになって、彼に“これからは、ゆきちゃんが料理作ってね”と言われたらしく、“どうしよ〜”と頭を抱えていましたよ(笑)」(山崎の知人)

 4月から『とくダネ!』の新アシスタントになるけど、仕事にも料理にも慣れてね!