[ワシントン 2日 ロイター] - 米ホワイトハウスは2日、中国が対米報復関税を発動したことを受け、中国の貿易慣行が世界の貿易を歪めていると批判し、「公正に取引されている米輸出品」を標的にすべきではないと主張した。

ホワイトハウスのウォルターズ報道官は声明で「中国の政府補助金や過剰生産能力の継続が鉄鋼危機の根本的な原因」と指摘。「中国は公正に取引されている米輸出品を標的とするのではなく、米国家安全保障を脅かし世界の貿易市場を歪めている不公正な取引慣行を止める必要がある」との認識を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)