畑岡奈紗、4日間を戦い抜いた収穫は多かった(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ANAインスピレーション 最終日◇2日◇ミッション・ヒルズCC ダイナ・ショア・トーナメントC(6,763ヤード・パー72)>

米国女子ツアー2年目の畑岡奈紗が、自身初参戦となった「ANAインスピレーション」で4日間を戦い抜いた。第3ラウンドでは4バーディ・2ボギーの「70」とアンダーパー。スコアを伸ばして最終日に駒を進めたが、この日は2バーディ・3ボギーの「73」と1ストローク落とし、トータル2アンダー・48位タイでホールアウトとなった。

【決定版】マスターズ出場選手一覧
「やっぱりメジャーで結果を残したかった」と悔しさも残ったが、「まずは、第一目標だった予選は通過できてよかったと思います」と、ひとつ壁を乗り越えた。

4日間を終えて「クラブが上がらないうちに切り返してしまうので、タイミングが合わなかった」とスイングの課題に加え、「集中力を保つのも大事なこと。トレーニングはしているつもりですが、うまくゴルフに結びついていないのかなと思います」と改善する点はまだ盛りだくさん。「自分はまだまだだな、と思います。すごくいい大会で、ホスピタリティーも、ファンの人もすごく応援してくれるので、また戻ってきて上を目指したい」と高みを目指す。

自身の勉強を兼ねて、5日(木)に開幕する「マスターズ」には観戦に行く予定。「それをモチベーションに今週頑張れました。勉強してきます」。目前に迫ったゴルフの祭典で技術を吸収し、ステップアップを目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>