どんなに優秀で才能があったとしても、傲慢な性格の人だと、付き合いにくいと感じるのではないでしょうか。常に自信過剰な言動を見ていると、「なんでこんなに偉そうなんだろう?」と疑問に思ってしまうことも少なくないでしょう。


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、占い師の筆者が、“傲慢な人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:知能線が中指の下で終わる線の先に「月丘」へ向かう…優秀だけど自信過剰な相

知能線が中指の下で一度折れて、その少し先に折れたような形の知能線が小指下部の“月丘”に向かって伸びていくのは、頭の回転が速く知的であることを意味します。学術や芸術面にも優れ、高い企画力も備えているとても優秀な人が多いのですが、気が短く他人を見下す傾向が。理屈っぽく人情味に欠けるところがあるため、周囲の人から敬遠されることも。もう少し謙虚であることを意識しましょう。

 

■2:運命線が手首から中指のつけ根に一直線に伸びる…運が強いけど我も強い相

手首を起点にした運命線が中指のつけ根まで一直線に伸びる手相を、俗に“天下筋”と言います。“天下筋”の持ち主は運も性格も強く、特に薬指下に“太陽線”が出ている場合は、目標を強引に達成してトップまっしぐらでしょう。一方、太陽線がない場合、努力家ではあるものの上昇志向や気の強さが災いして、敵を作ってしまうかもしれません。慢心しないように気を引き締めて。

 

■3:感情線が中指の下で曲がり生命線の起点と合流…気が短くてうぬぼれ屋の相

中指の下、もしくは中指と人差し指の中間の下で感情線が下向きになり、先端が生命線の起点と合流している相の持ち主は、気が短くうぬぼれ屋だと言えます。思い込みが激しく、周囲を振り回すことが少なくないでしょう。一見大人しそうに見えますが、感情を内に秘めるタイプで、親しくなると一気に感情を爆発させるところが。日頃から喜怒哀楽を出すようにしておけば、人間関係で大きなトラブルに見舞われることはほぼないはず。

 

■4:短い生命線&しっかりした運命線の持ち主…強情なため敵を作りやすい相

生命線が手のひらの真ん中あたりで終わっていて、その近くに運命線がしっかり刻まれている相は、運命線が生命線をカバーしている手相だと言えます。この手相の持ち主は、自信家でかなり頑固な性格。意思を曲げないので、上手くいけば才能を存分に発揮できるかもしれませんが、敵を作りやすい一面も。時には“引く”ことを覚えた方がいいかもしれません。

☆絵で見てわかる!手相占い

傲慢な性格の人の中には、表面上は強そうに見えていても、実は寂しがり屋で、心から信頼できる人を探しているといった場合も少なくないようです。

傲慢な人の話は、多少抵抗があったとしても、真剣に耳を傾けてみるといいかも。意外と素直に本音を語ってくれるかもしれませんよ。さらに、あなたの強力な味方になってくれる場合もあるかもしれません。(脇田尚揮/ライター)