ポールターは89ランクアップ!(撮影:GettyImages)

写真拡大

マスターズ前の最後の試合「ヒューストン・オープン」が終了し、4月1日(日)に最新のFedExカップポイントランキングが発表された。
【関連動画】ポールター、勝利の雄たけび!最終日のハイライト
同大会でプレーオフを制して勝利を収めたイアン・ポールター(イングランド)が、109位から20位に大きく順位を上げた。2位に入ったボウ・ホスラー(米国)は84位から28位にランクアップしている。
トップ10のメンバーに変動はなかったが、同大会を24位タイで終えたトニー・フィナウ(米国)が1つ順位を上げ、ブレンダン・スティール(米国)と入れ替わり8位となった。また、今季好調のフィル・ミケルソン(米国)もフィナウと同じく24位タイで大会を終了。ランキングは変わらず3位にランクインしている。
4日(木)に開幕する海外メジャー「マスターズ」に出場する松山英樹は、ヒューストン-には出場せず、71位から80位に後退した。
【FedExカップポイントランキング】
1位:ジャスティン・トーマス(1,713pt)
2位:パットン・キジーア(1,329pt)
3位:フィル・ミケルソン(1226pt)
4位:バッバ・ワトソン(1,175pt)
5位:ダスティン・ジョンソン(1,049pt)
6位:ジョン・ラーム(989pt)
7位:ジャスティン・ローズ(946pt)
8位:トニー・フィナウ(927pt)
9位:ブレンダン・スティール(912pt)
10位:ポール・ケーシー(887pt)
80位:松山英樹(305pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ヒューストン・オープン 最終結果
勝負は最終局面 ANAインスピレーションリーダーボード<LPGA日本公式>
マスターズ出場のラストチャンスをつかんだI・ポールター奇跡の優勝【舩越園子コラム】
マスターズ初優勝を目指す松山英樹 宮里優作と練習ラウンドを行う
【連続写真】世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング