史上初「自動運転車に違反キップ」発行、サンフランシスコで

写真拡大

報道されているなかではこれが史上初となる、自動運転車に対する"交通違反切符"が切られる事態が発生した。

3月26日、CBSのローカルネットワークが伝えたところによると、サンフランシスコの公道を走行中の「クルーズ(Cruise)」の自動運転テスト車両が、歩行者に接近しすぎたことを理由に警官から違反切符を切られたという。

クルーズの自動運転プログラムを運営するGMは、この申し立ては不当だと述べた。同社がセンサーを通じて計測したデータによると、車両と歩行者の距離は10.8フィート(約3.3メートル)以上空いていたという。警官が停止を命じた際、問題の車両はフル自動運転モードだったという。

自動運転車両の交通違反が話題になるのは、これが初めてではない。今年に入り、ウーバーのテスト車両の信号無視が報じられ、サンフランシスコでは昨年、自動運転車両が自転車専用レーンへ侵入したことも伝えられている。しかし、違反切符は切られていなかった。

3月18日にはアリゾナ州テンピでウーバーの自動運転車両が、歩行者の女性をはねて死亡させる痛ましい事態も起きた。

クルーズ側は今回の違反容疑に関し次のように述べている。「当社は安全を第一に考えて自動運転車の走行テストを行っている。カリフォルニア州は自動車が歩行者に危害を加えないよう、十分な距離をとることを定めている。データから当社の車両が適切な距離を置いていたこは明らかだ」

CBSは目撃者の証言として、警官が路肩で通常の交通違反と同様の違反キップを書いていたことを伝えている。ただし、違反切符の発行対象となったのが車両自体だったのか、同乗していた人間のドライバーだったのかは不明だ。

この問題は新たな法的議論を引き起こすことになる。自動運転モードで走行する車両自体に、警官が違反切符を発行することは、可能なのだろうか。また、今回のケースは非常に稀なものではあるが、自動運転車両が交通違反を理由に警官から停止を求めれるのであれば、車両自身が人間と同様に運転免許試験をパスしておかなければならないことになる。

人間のドライバーの運転スキルは人によって様々だ。それと同様に自動運転車両のセンサーやAI(人工知能)の認識能力も、モデルによって異なっている。また、昼間や夜間、道路環境によっても車両のパフォーマンスには変化が生じる。

自動運転車両の運行許可はカリフォルニアでは、州の車両管理局(DMV)が発行している。しかし、そこで与えられるライセンスは人間のドライバーの運転免許証とは全くの別物なのだ。