菜の花畑をメインに園内各所を約50基のライトで幻想的に彩る。例年見頃の時期に桜と菜の花をライトアップ(2018年は3/31〜4/8日の土曜・日曜)

写真拡大

いま各地で満開を迎えている桜。そこで今回は、九州各地の名所、穴場などを訪れ、咲き誇る桜を取材・撮影してきました!この美しい姿が見られるのもあとわずかなので、さっそくお花見にでかけよう!

【写真を見る】桜と菜の花の見事な競演。背後には玄界灘、志賀島が見える。花畑のなかに遊歩道があり散策しながら楽しめるのがいい

■ のこのしまアイランドパーク/福岡市西区能古島

約200本の桜をはじめ、約50万本の菜の花、ポピー、リビングストンデイジーなど春の花が満開。福岡市街の桜より見ごろが若干遅いため、まだまだお花見が楽しめそうだ。

紺碧の玄界灘、菜の花、桜が織りなす景色はまさに圧巻!ライトアップ時は、夕景から夜桜へと移り変わる様子も美しい。菜の花、桜を望むオープンエアのデッキで手ぶらのバーベキューも楽しめる。

■ 取材スタッフのおすすめポイント!

能古島アイランドパークの桜は山の上にあるので、福岡市街の桜が散りかけている頃に訪れてもまだ花がいっぱい。園内のいたるところに植えられていて、多彩な春の花と一緒に楽しめるのが魅力だ。ライトアップ時も、息をのむほど美しい。

[桜DATA]本数:約200本 / 見頃:3月下旬〜4月上旬 / 品種:ソメイヨシノ / 桜まつり:なし

[のこのしまアイランドパーク]福岡県福岡市西区能古島 / 092-881-2494 / 9:30〜17:30、日曜・祝日9:00〜18:30、4月7日(土)・4月8日(日)のライトアップは〜20:00

【取材・文=上村敏行、撮影=水崎浩志】(九州ウォーカー・上村敏行)