国立競技場駅

写真拡大

 韓国・平昌では、オリンピックに続いてパラリンピックが3月9日から18日の日程で開催。日本選手団の活躍は日本でも連日報じられた。筆者は数日間平昌を訪れ、開会式と競技のほか、交通機関などのバリアフリーがどのように整備されているかを取材した。その理由は、東京2020パラリンピックまであと2年半に迫ったが、東京の交通機関が障害のある人にとって使いやすいものなのかどうか、疑問を持ったからだ。東京2020の選手や観客の移動について、平昌パラリンピックから考えてみたい。

●平昌パラリンピックは「成功」

 平昌パラリンピックは過去最多となる49の国と地域から約570人が参加。現地の報道によると、開会式・閉会式や競技の入場チケットは目標の22万枚を大きく超えて、33万5000枚が売れた。この数字はバンクーバーの21万枚、ソチの20万枚を上回る。実質の観客動員も32万人となり、興行的には成功と評価されている。

 筆者はフリーのジャーナリストであり、取材パスがないため、自分でチケットを購入して開会式に向かった。開会式の会場は平昌オリンピックスタジアム。中に入ってみると、車椅子で観戦できるスペースがスタンドの中段付近に多く用意されている。その付近には車椅子でも使えるトイレや、スロープが設置されていた。入場の際に混乱した様子はなかった。

 開会式が始まったのは午後8時。低コストで運営されているといいながらも、幻想的なパフォーマンスが繰り広げられ、華やかな演出だった。選手の入場行進の時には、各国の選手に会場から大きな声援と拍手が送られていた。

 ただ、よく見ると、一部には空席が目立つエリアがあった。スタジアムの定員は3万5000人。関係者によると、チケットが売れたのは約8割で、当日の入場者は定員の約6割だったとみられる。都市部から離れた場所で、平日・金曜日の夜なので、仕方がない部分もあるのかもしれない。一方で、大会が進むにつれて関心が高まったのか、閉会式はほぼ満員だったそうだ。

●低床バスとリフト付きバスで対応した選手・観客の移動

 開会式が終了したのは午後10時頃で、帰りはそれなりに混雑した。スタジアムは山間部にあるため、アクセスはバスになる。韓国政府はオリンピックとパラリンピックのために高速鉄道KTXの延伸や、高速道路を整備。最寄りの駅やバスターミナルと、会場の行き来のために、シャトルバスを走らせていた。

 しかし、開会式後のシャトルバス乗り場には、終了から1時間以上が経った深夜になっても、長い列ができていた。翌日以降の競技会場でも、シャトルバスが30分以上経ってもこないために、来場者とボランティアがもめている場面にも遭遇した。

 一方で、平昌の組織委員会は、選手や障害がある人の移動に力を入れていた。リフト付きのバスやスロープ付きのミニバンなどの車両を180台以上確保。多少の混乱はありながらも、用意した車両で対応ができたようだ。この移動への対応も、平昌パラリンピックが成功したと評価される一因になっている。

 パラリンピックの参加選手の規模は、冬季に比べて、夏季は10倍近くになる。平昌では参加選手が約570人で、そのうち車椅子利用者は200人。これに対して、東京2020では選手が約4500人、車椅子利用者は約2000人と予想される。東京2020でも選手の移動に低床バスなどを活用する方針で、どのように調達するのかは、これからの課題だ。

「国立競技場駅」のエレベーターが使えなくなる?

 東京2020で心配なのは、観客の移動だ。東京2020オリンピック・パラリンピックでは、基本的には会場の最寄り駅まで鉄道を利用してもらい、駅からは徒歩で会場にきてもらう計画になっている。しかし、障害のある人、高齢の人などの移動については、現時点では大きな懸念がある。

 1つは駅のエレベーター。新国立競技場の収容人数は6万8000人だが、最寄り駅の一つ、都営地下鉄大江戸線の国立競技場駅には、地上と改札口を結ぶエレベーターは現在1つしかない。しかも、エレベーターの内部は狭い。車椅子が2台入るのも難しい広さだ。

 エレベーターが狭いのは、都内のどこの地下鉄の駅でも言えることだ。また、あとからエレベーターがつくられた駅では、地上に出るエレベーターが、改札から遠い場所につくられているケースもある。

 東京都交通局によると、今後国立競技場駅など数カ所で、現状のものよりも倍の大きさのエレベーターを1基増設することにしている。しかし、それで大丈夫なのかどうか、シミュレーションした数字があるわけではない。

 さらに国立競技場駅には、もう一つ大きな懸念がある。平昌では競技会場周辺がかなり広い範囲にわたって、金網で囲まれていた。大会期間中、競技会場周辺はセキュリティエリアとなり、来場者はセキュリティゲートで手荷物チェックを受けて、金網の内側の会場に入っていた。

 平昌での体験を踏まえて国立競技場駅を見てみると、エレベーターがある出口は競技場のすぐそば。気になって東京都交通局に問い合わせてみると、エレベーターがある出口自体がセキュリティエリア内となり、閉鎖される可能性があるという。

 そうなると、現在のエレベーターは使えない。新たに増設するエレベーターも、セキュリティエリアの外になるのか現時点ではわからない。もしもエレベーターが使えなくなったら、地下深い駅のホームから、車椅子の利用者や目が不自由な人はどうすればいいのだろうか。この点についてはまだ結論は出ていない。

 JR東日本は、新国立競技場に近い千駄ヶ谷駅、信濃町駅、原宿駅でエレベーターを1基増設する工事に取りかかっている。JRが対応しているから、障害のある人は国立競技場駅以外の駅を使ってほしい、というわけにはいかない。なんのためのパラリンピックなのかを間違えない結論が出ることを望みたい。

●障害がある人が快適に移動できない大会では意味がない

 東京2020パラリンピックの開会式に、車椅子を利用している人は実際どれくらい訪れるのか。仮に観客全体の1%とすれば680人。障害のある人は、全体ではもっと多くなるだろう。

 特に、ほとんどの観客が駅を利用する東京2020の場合、開会式の終了後は大混雑が予想される。使える電車がJRだけになってしまうと、障害のある人が、安全かつスムーズに、ホテルや自宅などの目的地に到着できるのか疑問が残る。深夜にようやく電車に乗れたものの、目的地にたどり着く前に電車の運行が終わる可能性もある。

 観客の規模が3分の1以下だった平昌でも深夜まで混雑していたのだから、十分な想定をして、対策を練る必要があるだろう。もちろん、新国立競技場だけでなく他の会場周辺でも同様の対策は必要になる。東京都では2018年度中に、選手や観客の輸送計画案を作成するという。

 交通機関の現状の問題点を解消することは、障害がある人はもちろん、高齢者など、すべての人にとって移動しやすい町をつくることにつながる。韓国で気づいたのは、平昌パラリンピックの会場付近では、歩道から道路を横断する際の段差がなくなっていたほか、補助金の活用によって飲食店などのバリアフリーも進んでいた。東京でも歩道の段差解消や点字ブロックの整備などは進められているが、現状ではまだ中途半端という印象は否めない。

 パラリンピックを開催する以上、障害のある人や車椅子を利用している人が快適に移動できるまちづくりが急務なのはいうまでもない。課題のさまざまな解決策を世界に向けて発信するための時間は、あまり残されていないと感じた。
(文=田中圭太郎/ジャーナリスト)