ウーバーの自動運転車(同社公式動画より)

写真拡大

 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が公道での試験走行中に歩行者をはね、死亡させた事故をめぐり、同社の技術を疑問視する声が強まっている。自動運転車に搭載されるセンサーは通常、暗闇でも人を認識できるとされ、ウーバーのシステムに問題がなかったかが焦点だ。

 米半導体大手インテルは、映像を基に傘下の自動運転開発企業が持つ技術で検証。画質の粗さにもかかわらず「衝突の約1秒前にはっきりと(歩行者を)検出できた」と説明している。ロイター通信は、ウーバーが光で周囲との距離を測るセンサーの数を減らしたため、死角が増えたと報じている。