画像提供:マイナビニュース

写真拡大

欧州委員会(EC; European Commission)は2018年3月28日(現地時間)、「Notice to stakeholders: withdrawal of the United Kingdom and EU rules on .eu domain names|European Commission」において、英国在住者および英国組織で欧州連合(EU)に組織を有していない組織に対して、EU脱退後の.euドメインの扱いについて注意を呼びかけた。2019年3月30日(中央ヨーロッパ時間)以降、.euドメイン所有の資格を満たさなくなると指摘している。

英国は先日、EU条約第50条に従い、EUから脱退する意向を通知した。このため、別日程が締結されない限り、2019年3月30日0時0分(中央ヨーロッパ時間)から英国にはEU第一法およびEU第二法は適用されなくなり、以降は第三国として扱われるようになる。

その結果、英国在住者やEUに組織を持っていない英国組織は.euドメインを保持する資格を失うことになる。.euトップレベルドメインレジストリ、認定された.euレジストラ、.euドメイン名登録者、.euドメイン名申請者、そのほか利害関係者が影響を受けるとして、注意を呼びかけている。