最近はマッチングアプリや婚活パーティーなどが一般化してきて、男性と出会いやすくなっていますよね。

しかし、そこで連絡先交換しても、いつも関係が途中で終わる……。チャンスは来るのに活かせない……。そんな悩みを抱えていませんか?

いつも友達止まりか、フェードアウト。周囲で素敵な出会いからカップル成立した話を聞くと、焦ってしまいますよね。次こそ、本命彼女になりたい!今回はそんな女性のために、恋が途中で終わってしまう理由をご紹介します。

彼の領域に踏み込みすぎた

恋の進め方に、完璧なマニュアルはありません。ただし、どんな男性も個人的な時間や自分だけの世界も大切にします。

たとえば、趣味や友達を大事にしている男性は、まだ付き合ってもいない女性から「え〜、ちょっとマニアックなんじゃない?」「その友達と会うより、一緒にこのイベント行くほうが楽しいって!」などと軽んじたことを言われてしまうと、好意も消えてしまう可能性があります。

交際前の微妙な時期だからこそ、彼の領域に踏み込みすぎるのは、とても危険。どんなに親しい関係になっていても、正式な彼女になるまでは余計なことをしない。それが一番です!

夜に相談・愚痴LINEを送りすぎた

恋する女性たちの中には、彼のことしか考えられなくなる人もいます。寝ても覚めても、考えるのは彼のこと。これは、情緒不安定な女性に多いケースです。

しかし、2人はまだ付き合っていない状態。そのボーダーラインをはっきりと意識させないと、最終的には彼にフェードアウトされることになります。特に夜間の相談や愚痴メールやLINEは、好ましく思われません。

付き合っていても、「今は時間がないから」と言われることだってあるほどです。交際前は、お互いに盛り上がりすぎる傾向があります。

だからこそ、どんなに彼が優しく対応してくれたとしても、夜の貴重な時間に相談や愚痴のメール・LINEは送らないこと。とくに画面びっしりになるほどの長文を送ると、それだけでも彼は「この子と付き合うのは無理かも」と思ってしまいます。

重たい内容をカミングアウトした

どんな人にも、他の人には言えない秘密や悩みを抱えているものです。過去に病気を経験したり、今も持病があったり、人よりも人生波乱の連続だったり……。本当に人それぞれ歩んできた道は違います。

何か孤独的なものを抱えていると、どうしても気になる人ができた時点で打ち明けたくなりがち。しかし、重たい内容をカミングアウトしたところで、彼がお付き合いをしてくれるとは限りません。

「俺が守らなきゃ」と思ってほしくて伝えているのであれば、それはもしかしたら、期待通りの効果は得られていない可能性があります。

重たい内容をカミングアウトしたうえでお付き合いをスタートさせたい気持ちは理解できますが、何もかも一気に進めないように気をつけましょう。

彼女のように振る舞ってしまった

なかなか正真正銘の彼女になれないのは、おそらく、少し雰囲気がよくなっただけで彼女モードのスイッチが入ってしまうから。

彼はそんなつもりでは言っていないのに「風邪をひいた」と聞いたら「何か持っていこうか?部屋まで」「お水とか飲みものとかある?」と、急に彼女面していませんか?

たしかに彼が心配になる気持ちは分かりますが、このケースだとちゃっかり部屋へ押しかけようとしていることはバレバレ。

何事にも順番は必要です。場合によっては逆転することもありますが、基本的な流れを守らないと、結局、2人は付き合うことなく、それぞれ別の道に。今が素敵な雰囲気だからこそ、これ以上彼の世界に入り込みすぎないように、あくまでも慎重に振る舞いましょう。

あまり先走りすぎると彼女になれません!

恋が途中で終わってしまう原因は、必ずあります。毎回同じパターンが続いているなら、かなり問題あり!アプローチの仕方や彼の前での言動をもう一度見直すなど、次の恋に向けて今のうちに一人反省会を開いておきましょう。