"北朝鮮リスク"でニトリ株価が上がるワケ

写真拡大

確実に資産を増やす方法はあるのでしょうか。「プレジデント」(2018年1月15日号)では、10人の識者に「知っておきたいお金のキーワード」について聞きました。第4回のテーマは「有事の資産防衛」です――。(全10回)

■"北朝鮮ミサイル発射"と防衛銘柄株の値動きは連動

緊張高まる北朝鮮情勢は一向に収まる気配を見せません。そんな情勢下で、守るべき資産のある人が不安を感じず、リスクに対応する方法を考えてみましょう。

有事に備えるための投資先として、まず挙げられるのが、戦闘機などの兵器製造大手の三菱重工業や自衛隊向けに発煙筒や照明弾を納入する、細谷火工に代表される防衛関連銘柄です。かつての米露関係のような冷戦状態が続けば米国の軍需産業は潤います。その意味で私は、いまの米朝間の緊張状態がしばらく続くのではないかと考えています。とすれば、周辺各国は防衛力を強化せざるをえませんから、軍需産業に資金が流入すると考えていいでしょう。

ただし、実際に投資する場合には、長期保有は禁物です。過去に北朝鮮がミサイルを発射した際の株価の値動きを見ると、発射リスクが高まると関連の株価が上昇しますが、それが続くのは発射後平均して3〜4日程度です。プロトレーダーは、防衛関連株がテーマ株として注目を集め始めた時点で買い、ミサイル発射などの好材料が出て株価が上がったところで売り抜けます。しかし、もしミサイル発射がなければ、株価が上昇しないリスクもあるので、その点には注意が必要です。

■リスクが高まると円高ドル安になり輸入関連企業はプラス

また、北朝鮮最大のターゲットは米国ですから、リスクが高まると米国株やドルは売られる傾向にあります。そのときに回避先として買われるのは円資産です。したがって、円高状態になることが予想されますから、輸入関連企業にとってはプラスに働きます。例えば、家具を輸入するニトリHDやエネルギー資源を輸入する関西電力などが有望でしょう。

反対に韓国経済に依存度が高い銘柄には注意が必要です。韓国も北朝鮮のターゲットになっていますから、韓国への輸出が多い企業は大きな打撃を受けて、株価が暴落する可能性があります。

リスク分散の観点から株式に資産を集中させることに不安を感じる人もいるでしょう。分散投資の対象として注目されるのが、金とビットコインです。金は世界共通の価値を持つ資産として、有事の際に買われる傾向があります。金のETFを利用すれば、保管場所の心配はありません。株式と比較して、値動きは小さいですが、価格も安定しています。つまり、多額の資産を投資できるならば、少しの値動きでも莫大な利益を確保できます。ただ、確実にそれを実現するためには、積極的に値動きの情報を得る必要があるでしょう。

ビットコインもリスク回避先としては有望ですが、有事の際にどのような値動きをするのか、まだデータが少ないのが難点です。このように考えると、金やビットコインは、自分で情報収集や目利きができる人以外には少し難しいといわざるをえません。

それを除くと有望な投資先といえるのは株式となります。ただし、事前に損切りや利益確定の水準を決め、大きな損失を被らないよう自分のスタンスを決めておきましょう。

----------

株師 孔明
個人投資家。AI、IoT、フィンテックなど最も旬なテーマ株のリサーチや最新注目銘柄の情報発信を行う個人ブログ「株師孔明の株ブログ」を運営。FISCOソーシャルレポーターとして「Yahoo!ファイナンス」をはじめとする国内20以上のメディアで独自の考察に基づいた株式投資情報を紹介。
 

----------

(個人投資家 株師 孔明 構成=向山 勇 図版作成=大橋昭一)