東京エレクトロン株式会社常務執行役員・三田野好伸氏(左)と談笑する山口博氏

写真拡大

 全国の大学生のうち、文系と理系は49.1%と29.4%で、残り21.5%は文系と理系の混合学部(参照:「文部科学省学校基本調査」)というように、文系が多数を占めています。しかし、最近では理系学生への注目度が年々高まっており、理系の若手社員を多く迎え、成長を遂げている企業があります。今回は、その一社である東京エレクトロン株式会社常務執行役員 三田野好伸氏に、理系若手社員が活躍していくためのポイントは何なのか、本連載「分解スキル反復演習が人生を変える」でお馴染みの山口博氏が迫ります!

◆新分野にチャレンジする理系社員

山口:社員数1万人を越え、半導体製造装置やフラットパネルディスプレイ製造装置の分野で国内トップ、世界4位のシェアを誇る東京エレクトロンは、理系社員が活躍していることでも知られています。三田野さんは、慶應義塾大学理工学部機械工学科を卒業後、同社で技術部門、マーケティング部門、営業部門などを担当されてきました。まずは理系の若手社員が、どのような領域で活躍しているのかお聞きしたいと思います。

三田野:製造部門でも、研究開発部門でも、機械、電子、材料、物理、化学と多岐にわたる領域で活動しています。ソフトウエア、AI分野の伸展に伴い、従来の専門分野を横断する複合された統合技術も求められるようになってきました。技術知識や経験をふまえて、マーケティングや営業を担う理系出身者も少なくないなど、理系社員が活躍する領域は飛躍的に拡大しています。

山口:統合技術が求められるということは、自分の専門分野だけでなく、関連分野や、全く新しい分野も含めて、広い分野の知識や経験が必要になりますね。どのようにして、領域を広げていくのですか。

三田野:日常の業務のアサインや、異動や昇格によって新分野にチャレンジしていくことも、もちろんですが、日々の活動の中で、工場の自分の専門分野以外の技術者から学ぶ、そして、お客さまから学ぶということがとても大事な要素になります。さまざまな分野で、自分以上の知識や経験を有している社員やお客さまはたくさんいるのです。

◆固定観念の排除が鍵

山口:解説書や文献を読む以上に、実際のその技術を使って仕事をしている人から教えを受けることが、実践に役立つでしょうし、社内やお客さまとの関係の質も高めるわけですね。

しかし、技術領域に限らず、新しい知識を得ようとしたり、これまでにない分野で仕事をしたりすることには、エネルギーが必要です。

三田野:文系、理系に限らず言えることですが、新しい取り組みをすることにアレルギーがなく、興味を持つことが肝心です。

山口:経験を積めば積むほど固定観念が高まり、新規分野にアレルギーが生じてしまいがちですが、どのように固定観念を排除されているのですか。

三田野:マネジャーが現場に入って、一緒に課題解決することを、ジャンプインと称していますが、そうした中で率先して新しい発想を生みだし、新規取組をサポートするという手本を示すことが最も効果があります。そして、アレルギーを持たないということは、海外ビジネスにおいては、さらに必要になります。

◆理系社員がグローバルで活躍するために必要なビジネススキル

山口:東京エレクトロン株式会社は、海外でも15の国と地域、46拠点でグローバルなビジネス展開をされています。新しい業務、新しい国にアレルギーを持たないということですね。

三田野:海外でビジネス展開する相手方は、日本でビジネスをする相手方に比べて、格段に多様性に富んでいます。自分には想像もつかないような経験や考えた方をしている人も多いわけです。そうした人たちに対応できる、いわば多様性への対応力が求められるのです。

山口:コミュニケーション、プレゼンテーション、ファシリテーション、タスクマネジメント…さまざまなグローバルスタンダードのビジネススキルの中で、日本の若手ビジネスパーソンが、これだけは身に付けておいた方がよいスキルがありますか。

三田野:語学はもとより、いずれも必要なビジネススキルだと思いますが、聞き手の気持ちや状況を捉えて、聞き手の質問や反論をあらかじめ予想してプレゼンテーションすることが、特に、海外ビジネスにおいては必要不可欠です。

自分とは異なる経験や考え方をしている人の気持ちや状況を理解してプレゼンテーションをしないと、日本では通じていたかもしれないプレゼンテーションが全く通じないなどということがよく起きます。

◆理系スキルは顧客ハンドリングに活用できる

山口:三田野さん自身、技術部門から、マーケティング、営業へと、専門分野を大きく超えて異動されていますね。一見、技術部門と営業部門は、活用するビジネススキルが異なり、隔たりが大きいように思えますが、どのようにチャレンジしてきたのですか。

三田野:営業は、お客さまの意図を理解し、再構成し、提案するプロセスだと思います。実はこのプロセスは、理系の学生が得意とすることなのです。必要に応じてフレームワークにあてはめ、分類したり分析したりして、パズルを読み解くように、仕様を固めるように、お客さまの意図を起点に営業プロセスを組み立てていくからです。

山口:技術でも営業でも、突き詰めていくと必要なスキルには共通項があり、要は、スキルの活かし方次第ということですね。

三田野:技術と営業に限らず、国内ビジネスと海外ビジネスの関係でも同じことが言えると思います。程度や難易度の差はありこそすれ、相手の気持ちや状況をふまえてプレゼンテーションするという課題は、国内ビジネスにおいても海外ビジネスにおいても共通です。

山口:私は横浜国立大学で工学修士課程の大学院生にグローバルスタンダードビジネススキル演習をしていますが、発揮したいスキルを分解してコアスキルを見極めると、専門の技術分野で繰り出してきたスキルを、営業分野で活用できるスキルがたくさんあることに気づきます。理系のビジネスパーソンが活躍する余地は、まだまだ大きいように思います。

三田野:世界に秀でた技術力が、わが国の産業発展を支えてきました。日本が世界の技術革新をリードし、技術大国としてさらに貢献していくためには、理系ビジネスパーソンをもっともっと増やすべきです。

そのためには、理系の大学には入りにくいというハードルを下げる必要があるでしょうし、さかのぼれば、高校の数学や物理の授業をさらに魅力的なものにすることが必要だと思います。文系社員に加えて、理系社員が統合技術を駆使して、わが国のビジネスパーソンがグローバルビジネスをリードしていくことが期待されます。

<対談を終えて>

 統合技術を発揮するために、固定観念を排除し、新分野へのアレルギーが起きないようにする、そして、多様性に富む相手の気持ちや状況をふまえたアクションを行うことがビジネス伸展に不可欠だという三田野さんの話に、強く共感しました。

 理系の大学生や大学院生が、砂地に水を吸収するがごとく、水を得た魚のごとく、急速にビジネススキルを体得していく姿に接している私は、理系ビジネスパーソンがビジネススキルをますます高め、さらに高いパフォーマンスを発揮していくだろうことを確信しています。

【山口博[連載コラム・分解スキル・反復演習が人生を変える]第77回】

【山口 博(やまぐち・ひろし)】グローバルトレーニングトレーナー。モチベーションファクター株式会社代表取締役。国内外企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て、現職。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社、2016年3月)、『クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング』(きんざい、2017年8月)がある。