“おふろ”感覚の温泉で
気軽に癒されるモン

 九州にはクオリティが高く全国に名を馳せる温泉地が多数あるが、中でも熊本は県内に数多くの温泉が点在し、そのほとんどが女性好み。


くまモン(熊本県の営業部長兼しあわせ部長)


2011年3月の九州新幹線全線開業をきっかけに誕生。やんちゃで好奇心いっぱいの、オスじゃなくて男の子。 今回は熊本県内で、観光列車に乗って訪れる女性向けの温泉地を推薦してくれた。(C)2010熊本県くまモン

 「泉質もさまざまで『美人の湯』『癒しの湯』『子宝の湯』に分類されるんだモン。熊本では温泉のことを“おふろ”と呼んで、いつでも気軽に入っているモン!」とくまモン。

 また、県内各地に観光列車が走り、鉄道の旅を楽しんだあとの目的地が温泉地という場合も。今回は乗車するだけで心躍る観光列車に乗って訪ねる、ひとりでも楽しい温泉地をくまモンオススメのコメントとともにご案内。次の休暇はぜひセットで計画してみて。

球磨川を望む絶景の温泉も
オススメだモン!

◆「SL人吉」「かわせみやませみ」「いさぶろうしんぺい」× 人吉温泉


熊本〜人吉間を走る現役では日本最古の蒸気機関車、SL人吉。

 県南エリアにある人吉は、日本遺産にも認定された日本でいちばん豊かな隠れ里。清らかな球磨川の水が育む鮎や鰻、米を原料とする球磨焼酎など、食いしんぼうには魅力満載の土地で、源泉も50数カ所にある。


球磨川沿いを走るかわせみやませみの車内は、人吉球磨産木材の檜や杉などが使われている。

 泉質は弱アルカリ炭酸泉など、しっとりとしたやさしい肌触りは女性好み。市内には気軽に利用できる公衆浴場が20数軒、さらに球磨川沿いには多くの温泉宿があり、それぞれ檜風呂や露天風呂、石積み風呂など趣向をこらす。


いさぶろうしんぺいの展望ラウンジには魅力的なパノラマ窓が。

 球磨川を眺めながらのんびりと観光列車にゆられ、辿り着くと温泉が待っているなんて贅沢の極み!


人吉温泉の泉質は、弱アルカリ炭酸泉など、しっとりとした女性好みのやさしい肌触り。

無色透明なお湯は
湯冷めしにくい温泉だモン!

◆「九州新幹線つばめ」× 玉名温泉


博多〜鹿児島中央駅を運行する「つばめ」は九州新幹線区間を運行する各駅停車の列車。

 開湯1300年前といわれる歴史ある温泉。傷ついた白鷺がその傷を治すのを見て発見されたという伝説も。


泉質は弱アルカリ単純泉で「美人湯」として知られる。

 肥後の古名社、疋野神社近くに街並みがあり、無色透明、つるりとすべりのよい泉質で湯冷めしないお湯といわれている。立願寺公園には無料の足湯もあるので、散策の途中で立ち寄っても。

 また、夏目漱石の『草枕』ゆかりの温泉、小天温泉も玉名市内にあり、ふたつの温泉地を楽しむのもおすすめ。

どこまでも続く海を見ながら入る
温泉は最高だモン!

◆「A列車で行こう!」× 上天草温泉


熊本と三角を結ぶ。車名の「A」は天草と大人(Adult)の頭文字。車内にはハイボールを楽しめるバーも。

 四方を美しい海に囲まれた上天草温泉郷は、大矢野町、松島町に点在する2大温泉を中心としたエリア。また、洞窟をくり抜いた浴場や足湯BAR、タラソテラピーなど、多彩な施設も人気の温泉地。


美しい夕陽が眺められる。

 泉質は保湿や乾燥肌の改善効果が期待できる塩化物質がほとんどで、別名「美人湯」とも。温泉につかりながら海に浮かぶ島々を大パノラマで眺めれば、日ごろの疲れも吹き飛ぶこと間違いなし。

 豊かな海産物が味わえるのも魅力的。

4世紀ごろの昔話にも登場する
歴史ある温泉だモン!

◆「肥薩おれんじ鉄道」× 湯の児温泉


不知海の鮮やかな海を眺めながら、海岸線を走るおれんじ鉄道。写真はくまモン×おれんじーずラッピング列車。

 風光明媚なリアス式海岸の続く湯の児温泉は、景行天皇の九州平定の際発見されたと伝わる温泉。当時はぬるめの湯だったことから「湯の親ではなく子(児)」というのがその名の由来とも。


炭酸を含むお湯が特長。

 泉質はやさしい肌ざわりの弱アルカリ炭酸泉。海が見渡せる展望露天風呂やほら穴風呂などもあり、干潮時に陸続きになる湯の児島など楽しみどころもたくさん。

 温泉の近くには果樹園もあるので、組み合わせて温泉旅プランを立てるのも楽しい。

文=CREA編集部