小型・軽量ニーズに対応した超偏平ブラシレスDCアクチュエーター

写真拡大

 ハーモニック・ドライブ・システムズは減速機とモーターを組み合わせた複合部品「アクチュエーター」の品ぞろえを拡充する。5月までに遊星歯車と波動歯車の2種類の減速機にそれぞれブラシレスDCモーターを組み合わせた商品16機種を投入する。各部品を専用設計することなどで高性能や薄型化を実現。部品の小型・軽量化が求められるアシストスーツや無人搬送車(AGV)向けに提案し、2018年にシリーズで1000台の販売を目指す。

 超偏平ブラシレスDCアクチュエーター「FLAシリーズ」は、遊星歯車と波動歯車減速機でそれぞれ電源電圧24ボルトと48ボルトの2タイプを開発。形状は直径約70ミリ―100ミリメートル×幅約40ミリ―50ミリメートルで、4型番ずつ計16機種を投入する。このほど3型番を発売し、5月に直径約100ミリ×幅約50ミリメートルの1型番4機種を追加する。

 減速比が異なる遊星歯車と波動歯車減速機は、それぞれ高速高効率や高精度高出力トルクなど特徴が異なる。一方、アクチュエーターを搭載する製品により、例えば、アシストスーツではスピード、無人搬送車では精度など、求められる性能が異なるため、品ぞろえを増やして幅広いニーズに応えることにした。

 また減速機やモーターをアクチュエーター向けに専用に設計し、一括して提供することで、薄型化や使い勝手の向上なども実現する。これまでは顧客が各部品を個別に調達して搭載していたため、設計の最適化による小型化や組み立て精度の安定化などが難しかった。