©ダイヤモンド社 禁無断転載

写真拡大

普段、あまり目にすることのない数字やデータに光を当てて多角的に分析、ビジネスパーソンにとっておきの「お役立ち情報」をご紹介する『ダイヤモンドDATAラボ』。今回は、昨年6月に反響をいただいた、独自試算「40歳年収が高い企業トップ1000社ランキング」の最新版を大公開します。(週刊ダイヤモンド編集部 鈴木崇久)

年収2276万円で2年連続のトップ
M&Aアドバイザリー会社GCA

 政府が、デフレ脱却に向けて企業に対して賃上げを迫る「官製春闘」と呼ばれる状況が、今年で5年目を迎えました。さらに今年は、安倍晋三首相が経済界に対して「3%」という具体的な水準を示して賃上げを要求するなど、いつもにも増して異例の展開でした。しかし、ベースアップを約束した企業もあれば、賞与で応えた企業もあるなどまだら模様となり、全体としては3%賃上げとはならなかったようです。

 そこで今回は、昨年6月に公開して反響をいただいた、独自試算「40歳年収が高い企業トップ1000社ランキング」の最新版をお届けしたいと思います。東京証券取引所第1部上場企業を対象に、40歳時点の推計年収を比較しました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)