ヨガをするときの足元の寒さ対策のために、欠かせないのがレッグウエアです。もちろん日常のソックスとは違い、どんなポーズをしても滑らないよう足元の踏ん張りが効くものが必要。そこで注目なのが、レッグウエアブランド「BODY CLOTHING(ボディクロージング)」より新発売したヨガ用レッグウエアです。

消臭効果のある素材を使用

「ヒールレス5本指靴下(指先なし)」 各1,620円(税込) サイズ/23〜25cm、素材/ポリエステル、綿、ポリウレタン、ナイロン

大正9年、日本で最初の本格的靴下メーカーとして歩みはじめ、開発者たちの情熱、創意工夫や優れた技術によって、数々の商品を生み出し続けている(株)ナイガイ。そのレッグウエアブランド「ボディクロージング」ではランニング用やウォーキング用などの機能性ソックスを展開しています。

「ヒールレスショートレッグウォーマー」各1,404円(税込)サイズ/23〜25cm、素材/綿、アクリル、ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン

そして今回登場したヨガ用のレッグウエアは、足底に滑り止めの付いた5本指靴下(指先なし)1種に、レッグウォーマー2種の計3種類からなります。ともに共通するのがポーズを取りやすいヒールレスデザインであることと、消臭効果のある素材であること。この消臭効果のある素材として、ポリエルテル・ポリウレタン部分に東レの「ライクラ® fresh」を取り入れているとか。

好みで選べる3タイプ

「ヒールレスレッグウォーマー」 各1,620円(税込) サイズ:23〜25cm、素材/綿、ナイロン、ポリエステル、アクリル、ポリウレタン

どんなポーズでも滑らないようにするためには、足の母子球から小指球のふくらみ部分は素肌が出ている方が良さそうですが、そこが冷えるという人も。

そんな人には生地で覆われていながらも、滑り止めが付いているので踏ん張りが効きく、「ヒールレス5本指靴下(指先なし)」がおすすめ。より床面との設置面積が少ないので、冷たいフロアで活躍し、足首と足の甲の寒さ対策にもなります。また履き口にゴムを使用せずに編み立てているので、締め付け感が少なく過ごせるとか。

さらに足首の寒さ対策として履きたい「ヒールレスショートレッグウォーマー」と、スネから足首の寒さ対策として履きたい「ヒールレスレッグウォーマー」もあります。ともに履き口には(株)ナイガイが独自に開発したゴム、NDXを使用。しなやかな伸び縮みが特徴で、締め付け感が少ないのにフィット感があるとか。

女性の大敵とも言える足元の冷えを防止しつつ、ヨガでの最高のパフォーマンスをするためにも、ぜひ選びたい「ボディクロージング」のヨガ用のレッグウエア。新宿眦膕梓泙瓠∩換颪陵名百貨店にて取り扱い中です。

株式会社ナイガイ