1日、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の新レギュラー番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)が放送され、俳優でタレントのユースケ・サンタマリアが出演し、草なぎとの関係について語った。

 これは稲垣、草なぎ、香取の3人とお笑いタレントのヒロミ、ユースケが“ホンネ”でトークするコーナーでの一幕。これまではあまり連絡を取り合う機会はなかったが、最近連絡を取り合うようになったというユースケと草なぎ。そんなある日「1回話しをしよう」と草なぎがユースケを呼び出したのだという。

 話をするためにユースケ行きつけの焼き肉店を訪れた2人だが、その日の草なぎは顔がパンパンにむくみ、見るからに二日酔いという感じで、何を言っているのかわからないような状態だったそう。

 しかも、その焼き肉店ではユースケが1枚1枚店員さんに焼いてもらうため、個室なのに2人きりになれない状況。話をしようと会ったのに、結局真剣な話はできなかったそうだ。

 それでも「また焼き肉連れて行ってね。でも今度は自分で焼いてね」と草なぎが言うと、ユースケも「今度はちゃんと話せる店に連れて行くわ」と返し、再度2人で会うことを約束していた。