浅草キッドの水道橋博士

写真拡大

 浅草キッドの水道橋博士(55)、つまみ枝豆(59)ら、たけし軍団のメンバーが1日、ブログを更新。師匠であるビートたけし(71)の所属事務所「オフィス北野」退社、独立について経緯を説明する声明文を掲載。たけし軍団が“残留”する理由も明かした。

 ブログでは過去にオフィス北野で経営に関する疑義が発生したと報告。事務所で発覚した事案として(1)たけしが知らない間に森社長がいつの間にかオフィス北野の筆頭株主になっていた(2)森社長はじめ会社の役員報酬がたけしにとっては容認できない水準になっていたと2点挙げた。

 問題発覚後、オフィス北野が赤字に転落。たけし本人が経営の問題点を指摘し、改善を迫ったが是正されなかったという。たけしはしびれを切らして退社の意向を森社長に告げ、オフィス北野とは袂(たもと)を分かつことになった。

 たけし軍団に対しては森社長からたけしの信頼を裏切ってしまったことへの謝罪があったといい、たけし軍団は謝罪を受け入れ「新事務所に移籍することなく、オフィス北野に居残り、出直しすることにいたりました」と報告。「師匠と弟子の関係、及び絆は、事務所を違えることになっても、変わらず継続中であることを強く申し上げます」と師弟関係は変わらないと強調した。