ひと癖あって一筋縄ではいかない相手って、いますよね。はたから見ると変わっていて面白い人ですが、実際に深く関わると、なにかと面倒な性格であることがしばしば。あなたの周りに、そんな一風変わった人っていませんか?


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、占い師の筆者が、“曲者な人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:「太陽線」が感情線にぶつかって止まる…うまく立ち回ろうと取り繕う性格の相

薬指に向かって伸びる線“太陽線”が感情線にぶつかるようにして止まっているのは、愛情問題や人間関係のもつれなどによって立場が悪くなったり、信用を失ったりする性格であること示しています。なんとか「自分は悪くない」と取り繕おうとしますが、それが裏目に出てしまい、さらに事態は悪い方向へ。逆ギレして周囲を巻き込む面倒な性格なので、あまり感情的にならず、冷静な気持ちで接するようにして。

 

■2:生命線の起点の下に短い横線がある…小心でヒステリーを起こしやすい性格の相

生命線の起点の下にある“第一火星丘”に短い横線が出ている人は、気が小さく、細かいことが必要以上に気になったりこだわりが強かったりするでしょう。かなり神経質なので、ちょっとしたことでヒステリックになることも。特に、自分に対する周囲からの評価に過剰に反応してしまうので、思い込みから攻撃してくることもあるかもしれません。いちいち相手の反応を気にせず、おおらかな気持ちで接することで上手くいくはずです。

 

■3:知能線が二股に分かれて下線が「月丘」へ…言い訳ばかりで理屈屋な性格の相

知能線の先端が二股に分かれていて、上の線は短く、下の線が小指下部の“月丘”に向かって長く伸びているのは、言い訳がましい性格であることを意味しています。頭の回転は速い人ですが、トラブルに見舞われると、理屈をこねてその場をしのいで逃げてしまうこともしばしば。約束事や大切な仕事を任せると大変なことになりかねないので、あまり頼りにしすぎないように。

 

■4:感情線の先端が人差し指と中指の間に伸びる…好き嫌いが激しく気まぐれな性格の相

感情線の先端が人差指と中指の間に入っていたり、入るほどに伸びていたりする相は、“人の好き嫌いが激しいこと”を意味します。しかも相手のことを知る前に、気まぐれや先入観、思い込みで好き嫌いを判断するところが。好印象の人には尽くす一方で、印象が悪い人とは口も利かないなど、極端な態度を取るでしょう。自分に甘く人に厳しいタイプなので、責めると豹変する場合も。距離を持って付き合った方がいいかもしれません。

☆絵で見てわかる!手相占い

癖のある性格の人は、一言で言うと“扱いにくい”一面を持っていると言えるでしょう。気まぐれだったり、ひねくれた性格であったり、本当は仲良くしたいのに、強がって独りでいることを好んだり……。接する側としては、相手のホンネがなかなか見えてこないと、付き合う上でストレスを溜めてしまう恐れも。まずは、相手の個性を受け入れるところから始めてみるといいかもしれません。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ