出典: NOSH(ナッシュ)

カップルにおいて、普段のLINEのやり取りはとても大事。

日々のLINEが面倒に感じられるようになってきたら、カップルとしても危機的状態であると言えるかもしれません。

そこで今回は、“長続きしないカップル”のLINEの共通点を紹介します。

 

■ずっと「つながっている」

LINEでの会話は終わりがあるようでないので、話していようと思えばいつまででもやり取りが続いたりもします。

特にカップルであれば、常につながっていても不自然ではないので、一日中ダラダラとLINEでの会話が続いたりすることもあります。

付き合い始めはそれも楽しいですが、関係が落ち着いてきてもこの状態が続いていたら、男性はウンザリすることも多いでしょう。“返さなきゃ……”というプレッシャーにお互いが疲弊してしまうこともあります。

関係を長続きさせるためには、むやみにLINEせずに、伝えることがあるときにだけLINEをするように心掛けるといいかしれません。

 

■「暗黙のルール」がある

LINEを送り合うことが義務のようになってしまうと、いずれはそれが重荷になっていきます。“送りたいから、送る”のではなく、“送らなくてはいけないから、送る”という状態は、カップルにとってはマイナスでしかないでしょう。

よくありがちなのが、朝起きたら必ず“おはようのLINE”をするとか、寝る前には毎日“おやすみのLINE”をするといったもの。

そういった暗黙のルールがいくつもできあがってしまうと、そこから逃げ出したいという気持ちもどんどん強くなることも。

“送らなくてはいけないから、送る”ではなく、“送りたいから、送る”というLINEのやり取りがきちんとできているか、見直してみましょう。

 

■内容に「愚痴」が多い

恋人同士であれば、ときには愚痴や不満などを聞いてほしいと感じることもあるでしょう。しかし、LINEで話す内容が、いつもネガティブな発言だったら、読むだけでも気が滅入ってしまうはず。

LINEだと文字でネガティブな言葉を目にすることになるので、より重くのしかかったることも。

そうなると、彼氏はあなたの考え方にマイナスな印象をもつようになり、ふたりの関係もうまくいかなくなるかもしれません。

愚痴や不満はほどほどにしましょう。

 

■「既読スルー」を許さない

既読スルーをされることにいちいちイライラしたり、それを厳しく批判したりするのは、トラブルの原因にもなりやすいです。

社会人になるとすぐに返信できない場面が多い中、返信が遅いことを責められると男性はがっかりしてしまいます。

LINEのメッセージを見たものの、返信はあとでゆっくりとしようと考える男性も多く、場合によってはそのまま返信を忘れることも……。

既読スルーについては、あまり深刻にとらえず、気長に構えることが大事かもしれませんね。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

カップルにとって、日々のLINEでのやり取りは大事なことですが、そこに過度の期待を置きすぎてしまうのは考えものです。

LINEの占める比重があまりにも大きくなると、交際にも悪影響を及ぼすこともあります。

彼氏の事情を考えて、お互いに負担の少ないLINEのやり取りを心掛けましょう。

【画像】

※ GaudiLab/Shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ