飛行機でカラオケを楽しめる「熱唱カラオケ便」が最高! 静かに過ごしたい人には4万1000円で耳栓も販売してくれるのでご安心を☆

写真拡大


航空会社のジェットスター・ジャパンと通信カラオケシリーズ「JOYSOUND」がコラボ! 世界初となる、航空機内でカラオケを楽しめる「熱唱カラオケ便」を就航することとなったそう。

カラオケで大声で歌うってだけでもストレス発散になりますが、高度1万メートルもの上空で熱唱できるだなんて超気持ちよさそう! いやはや、すごいサービスが誕生しましたなぁ……!!

【機内がカラオケルームに!】

熱唱カラオケ便を運行するにあたり、ジェットスターの機内仕様にカラオケシステムを特別に開発したというジョイサウンド。機内にはマイクやキョクナビなどが設置されており、歌いたい人は機内でキャビンクルーに曲をリクエストする仕組みとなっています。

ただし順番は先着順。かなりの人気が予想されるので早めにリクエストするのがよさそうです。

【注意事項は守ってね】

とっても画期的なサービスですが、注意事項もいくつかあるみたい。突然の気流の変化に備え、盛り上がってもむやみに立ち上がらないこと。離着時にはマイクやキョクナビ、タンバリン、マラカスなどは元の位置に戻すこと。

それから、寝ている乗客の横でのタンバリン、マラカスなどの過剰な使用は控えること……ってたしかにそりゃそうだ! 耳のすぐ横でタンバリンを鳴らされたり手拍子されたりしちゃあ嫌がる人もいるでしょう!!

【実はこのサービスなんですが……】

でも安心して! そんな人のためには「耳栓」を販売。いろいろな人が乗り合わせる飛行機ですから、熱唱カラオケ便とはいえ静かに過ごしたい人もいるはず。お値段は……えっ、1セット4万1000円って高すぎいぃーーーーッ!!

……って、ちょっと待って。「熱唱カラオケ便」の片道運賃4010円〜(今なら就航記念セールで4.1円)、機内でのカラオケ利用は1曲401円。4、1、4月1日……。

はい、実はこちらエイプリールフール向けに作られた架空のサービスなんです! 実際には「カラオケ熱唱便」の運行はナシ。私も最初、まんまとだまされたよ〜!

サイトを見ると、利用者の声として歌い手系ユーチューバーや、演歌歌手、開発者のメッセージや、よくある質問のQ&Aコーナーなんかもあるし、エイプリルフールにしても作りがめちゃめちゃ凝ってる〜!

とはいえ、将来的にはいつの日かこんなユニークなサービスが誕生することもあるかもしれませんね。いや、ないかもだけど!

参照元:ジェットスター・ジャパン
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む