記事画像

写真拡大

サッポロビールは2018年4月4日、フルーツビネガーを使ったアルコール飲料「サッポロ りらくす」を発売します。

4月4日と5日の2日間、これを記念したサンプリングイベントが六本木ヒルズ大屋根プラザで実施されます。

冷蔵庫を開けると...

「サッポロ りらくす」は、やわらかな酸味のフルーツビネガーを炭酸ですっきり爽やかに仕上げたアルコール飲料。独自製法により、アルコール臭を抑えて果実感を強めることで、アルコール度数8%と飲みごたえがありながらも、優しくて飲みやすい味わいを実現しているそう。

フレーバーは「かろやかアップルビネガー」「すっきりレモンビネガー」「ほろあまぶどうビネガー」の3種。参考小売価格は350ミリリットルが141円、500ミリリットルが191円です(いずれも税別)。

発売を記念して実施されるサンプリングイベントでは、会場内に3種のフレーバーの色に合わせた冷蔵庫3つが設置されます。体験者自身が好きなフレーバーの冷蔵庫を開けると、中にいるバーテンダーから商品が渡されるというユニークな仕掛けです。

実施時間は4日が16時30分から21時、5日が14時から21時まで。

詳細は公式サイトへ。