恋や仕事がうまくいかなかったり、日々の生活の中の大きなパートを占めるものが思ったようにいかなくなると、すべてのことに影響してしまうことってありますよね。そういう状況のときには「私なにしてるんだろう?」と将来が不安になることも。
に引き続き、今回もそんな、自分を見失いそうになったときにやってみて欲しいことをまとめてみました。

自分を見失わないためにやるべきこと

自分自身や他の人のことについてネガティブに考えるのを止める

うまくいかないことが続くと、考えがネガティブになってしまいがち。新しい1日が始まっても「なんだか今日は良いことがない気がする」と思ってしまったりするものです。そしてソーシャルメディアに楽しそうな投稿をしている友人を見て嫉妬したり、なにか悪いことが起きればいいのになんて思ってしまうことも……。
他人の不幸までも願ってしまうときは、間違いなく自分を見失っている証拠! ネガティブな考えに走ってしまいそうな自分に気がついたら「ダメ!」と言い聞かせるようにしましょう。

一番大好きな洋服を着て出かける

忙しすぎて自分を見失いかけているときって身なりへの気遣いも疎かになっていることが多いんです。そんなときにはメイクも適当になっているので、ふと電車やバスの窓に写った自分の姿を見て「だ、だれ!?」なんて驚いちゃうくらい劣化していることも。
なんだか最近いろんなことがうまくいかないなら、次の休日には一番お気に入りの服を着て、いつもよりもメイクに気合いを入れて出かけるようにしてみてください。きっとやる気が湧いてくるはず。

ポジティブな友人と会う

先が見えない、そんなときこそいつも目標に向かって切磋琢磨している友人に会いましょう。元気がないときって、誰にも会いたくないとか一人でのんびり過ごしたほうがいいと思うこともあるかもしれません。
ですが、実際のところ元気いっぱいの友人に会って話をすることで、元気をもらえたりいいアドバイスをもらえることだってあります。あなたの周りにも1人や2人、いつもフルパワーの友達がいますよね? さっそくその友人にコンタクトをとりましょう。

タイトルに惹かれた自己啓発本を読んでみよう

スケジュールの関係でポジティブな友人とすぐに会えそうもない……。そんなときには、本屋さんに行って自己啓発書籍のコーナーでピンときた一冊を一気に読んでみましょう。キレイになるため、お金持ちになるため、ポジティブになるためなどなど、自己啓発本にはさまざまな種類のものがあります。
タイトルを見ていくと、あなたが今必要としているものが一冊や二冊は見つかるはずです。