米アップル社は3月27日、タブレット端末「iPad」の新型を発表した。マイナーアップデートながら、ネットでは「買い」との声が続出している。

新型iPadは9.7インチRetinaディスプレイ、カメラ、バッテリー、ジャイロスコープ、Touch ID、ARアプリケーションに対応など、旧型モデルとほぼ同じ仕様だが、プロセッサは新しいA10 Fusionを採用。これまでより40%速いCPU性能と50%速いグラフィックス性能を提供し、マルチタスクはよりシームレスに、高いグラフィックス能力を要求するアプリをより快適に使うことができるという。

特筆すべきは、Apple Pencilが、新型iPadとiWorkに対応した点。Apple Pencilで、NotabilityやPages、Numbers、KeynoteそしてMicrosoft Officeで、ノートを取ったりイラストを描いたりといった作業ができるようになる。ただし、ディスプレイについては、iPad Proで採用されているフルラミネーションディスプレイや反射防止コーティングなど、操作性を向上させる加工が施されていない点には注意が必要だ。

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。価格はすべて税別で、Wi-Fiモデルで32GBが3万7800円、128GBは4万8800円、Wi-Fi+Cellularモデルの32GBが5万2800円、128GBが6万3800円。なお、Apple Pencilは1万800円で別売りとのこと。

新型iPadの登場にTwitterでは、

“これは買いかも!機能面も十分で、なんといっても価格が安いな”
“アップルペンシル対応のipadが3万7800えんだってよ…凄くない?買おうかな”

と、これまでのモデルと比べ価格が安いという点を評価するユーザーが続出している。

“wifiモデルで5万切るとか安すぎじゃないか。apple peincil対応とか Proの存在価値って?”
“わー、これPro買う必然性が薄れるほどの衝撃だな。大抵の場合ならPro買うよりもこれとApple Pencil買った方がコスパ良い。”

とiPad Proと比較してもコスパが良いという声も散見された。

今回の新型iPadのターゲットは教育市場。Appleは新アプリ「スクールワーク」を開発し、教師が課題を作成、生徒の進捗状況を確認するなど、教室でのiPad活用を支援する目的があるという。価格面でも学校向けには3万5800円の低価格で提供しサポートする。

Apple Pencilを利用したいが、高価なiPad Proには手が届かなかったユーザーにとって、新型iPadは絶好の購入動機となったようだ。
(山中一生)

■関連リンク
Apple公式サイト
https://www.apple.com/jp/ipad-9.7/