ビルの谷間にあるログハウス風の壁やテントのイラストが描かれた看板を目印に

写真拡大

2017年12月にオープンした「侍.時々 酒肴」は、平岸に総本店を構え、全国にスープカレー店を展開する「Rojiura Curry SAMURAI.」の一風テイストを変えた姉妹店。アウトドアブランド「DOD」とコラボしたインテリアやテントの中で本格ルーカレーが楽しめると、すでに話題のお店です。夜はお酒とともにアウトドア料理も味わえると聞き、さっそく行ってみました!

3〜4組の来店客を収容できる店内中央のテント。テーブルやいすも、もちろん「DOD」のアイテム

店内に入ると中央には巨大なテントが! テント内には、アウトドア用のテーブルといすがあり、靴を脱いで人工芝の上を歩くスタイル。クーラーボックスやランプ、アウトドア調理グッズにギターなどが調度品として飾られていて、瞬く間に都心のビル内にいることを忘れてしまいそうになります。

まずは、ランチ限定のセットメニュー「お好きなカレー3種+付け合わせ5種+ごはん」をオーダー。カレーは、「スパイシーチキン」「バターチキン」「ポークビンダルー」「キーマカレー」「赤ワイン仕立てのラム」からセレクトできます。

初来店で食べるべき3種は、粗挽きのスパイスが香る「スパイシーチキン」、ほんのり酸味のある「ポークビンダルー」、赤ワインのみで煮込む「赤ワイン仕立てのラム」とのこと。ワンプレートに盛られているので、付け合わせとともに口直しつつ、それぞれの個性を楽しめますよ。

ちなみにご飯は「普通」が250gで、小(150g)だと30円引き、大盛り(400g)でプラス100円、特盛(600g)でプラス200円になります。

さて、ディナー営業で楽しめるようになったアウトドア料理とはいったい? メニュー表をのぞいてみると、自家製チーズソースをかけたステーキタワーや自家製ベーコン、ビーフジャーキーなど、バーベキューのノリで楽しめそうな一皿が盛りだくさん。今回はアルコールのお供に軽くつまめるものが良いな、と「自家製スモーク盛り合わせ10種」を選んでみました。

10種の中身はチーズに卵、ベーコン、チキンなど燻製料理の定番のほか、サーモンやアサリ、カキ、エビ、タコ、サバなどの魚介類にナッツ類などバラエティ豊か。2〜3人でシェアするのにちょうど良い量です。ちなみに、スモーク類は単品(480円)、3種盛り合わせ(880円)、5種(1480円)でもオーダー可。

アウトドア好きには会話が盛り上がること間違いなしの「侍.時々 酒肴」。山や海、川など実際の外での食事はちょっと苦手という方を誘ってキャンプ気分を味わってもらうのも良いですね。都会の喧騒を逃れて賑やかに楽しんでみては?

侍.時々 酒肴 ■住所:札幌市中央区南2西5-31-2 2F ■電話:011・211・6216 ■時間:ランチ11:30〜15:30(LO15:00)、ディナー17:30〜23:30(フードLO22:30、ドリンクLO23:00)  ■休み:不定 ■席数:30席(ディナータイムのみ分煙) (北海道ウォーカー・高橋結香)