アラサーになっても、やっぱりイケメンが好き――。

そんな女性も少なくないと思います。

多くの女性は、結婚を意識するようになると、顔は二の次。経済力を第一に、あとは「男性としての頼もしさ」を重点に置きながら、出会いを求めるのでは?

でも、残念ながら出会うすべての男性が、顔よし、給与よし、頼もしさよし、とは限りませんよね。

今回は、ちょっと肩の力を抜いて「こんな男性も悪くないかも?」という男性の特徴をご紹介します。

■付き合いに責任が持てる

男らしくてグイグイと引っ張ってくれる人が好きな女性は多いでしょう。

そんな男性なら結婚も前向きに考えられますし、付き合っていて満足度が高いですよね。

でも、男性のすべてが肉食系とは限りませんし、最近は若い世代を中心に草食系と自覚する男性も多いもの。

一見、頼もしさに欠ける印象でも、責任を持ってきちんと付き合ってくれる男性なら、充分幸せになれるパートナーと言えるのではないでしょうか。

好きという気持ちが確かなら、あなたのために尽くしてくれるでしょうし、あなたの気持ちに真摯に向き合って行動してくれるはず。

ですので、男性のタイプがどうであれ、付き合いに責任が持てる相手かどうかは、きちんと押さえたいポイントになりそうです。

■鈍感に近いタイプである

細かいことに目が行くタイプだと、多少鈍感でもあれこれと気にしない男性の方が、一緒にいて安心感がありませんか?

例えばデート先ひとつ取っても、いざお店を前にすると「混んでるかな? 入るのどうしよう……」と迷ってしまうことってあると思うのですが。

そうした時でも「とりあえず入ってみよう!」と行動できる男性の方が、相性の良さを実感できそう。

恋人関係の場合、価値観は一致していた方がいいですが、性格は必ずしも一致しなくても……という見方もあります。

女性が気にしいの場合、男性はむしろ鈍感なタイプの方が、うまくふたりのバランスが取れて、臨機応変に困難を乗り越えていけるのでは?

多少女心に無頓着でも大らかな男性の方が、長い目で見れば一緒にいてストレスも感じづらいと思います。

■いい意味で適当である

結婚を考えるうえで、「優しい男性がいい」という女性は多いもの。

物腰柔らかで、気軽に話ができる男性なら、お互いの信頼感は自然と高まり、仲のいい関係になれそうですよね。

同じように、ちょっと踏まえておきたいポイントが、いい意味で適当な人です。

よく真面目な性格を「誠実な人」と評価する女性は多いですが。

仕事を真面目にしたり、何かに真剣になって取り組むのは、いたって当然のことです。

むしろ真面目な性格でも、頭でっかちで頑固者では、彼の考えにそぐわないことは受け入れがたいということで、一緒にいてちょっと息苦しいかもしれません。

そういった意味で、物事にあまりこだわりがなく、いい意味で適当な人の方が、付き合いは上手くいきそう。

結婚となれば一生に及ぶ問題です。

思った通りに進まないことも多いでしょうから、適応力という意味で彼の柔軟性をチェックしてみてください。

ちょっと意外なポイントをご紹介してみました。

ありがちなポイントではなく、こうした見方で男性を見てみると、意外と彼は結婚向きということに気付くかもしれません。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)