収納だけじゃない?100円のカゴでおしゃれガーデニング

写真拡大 (全5枚)

本格的なガーデニングシーズン到来です。今回ご紹介するのは、100円ショップのカゴを使ったガーデニング。お金をかけずにちょっと個性的な一鉢を作ってみては?

【詳細】他の記事はこちら

プラスチック製の編みカゴで

今回、鉢の代わりに使うのは100円ショップの収納用バスケットです。プラスチック製のバンドで編まれているものを選びます。プラスチックなら、水や汚れに強いので花を植えても大丈夫!さらに水はけもよく通気性もあるので、日々の水遣りも心配ありません。軽くて割れない点も、普通の植木鉢より扱いやすいです。やや深さのある、大きすぎないものをオススメします。

プラス麻布で完璧!

花を植える前に一手間プラスします。それが「麻布」です。麻布を内側に敷いて、土がカゴの編み目から漏れないようにします。麻布はホームセンターの農業資材売り場などで売られています。ザクザクと大きめにカットして、カゴに合わせてからサイズを調整、端はあえて見えるように出しておいても、おしゃれに見えますよ。

作業しやすいように、麻布を洗濯バサミで何か所か留めたら、後は花を植えるだけです!水はけがいいので鉢底石も要りません。直接、土を入れて植えてみましょう。

カゴとのカラーコーデを楽しんで

100円カゴは派手でカラフルな色が多く、花との色合わせが難しそう、と思う方もいるかもしれません。でもそこが面白い所。写真のように、淡いペチュニアを使った大人カラーの寄せ植えにも、意外にマッチします。あえて大きめに出した麻布が、カゴのブルーを程よく隠しつつ、優しい青に見せているのかもしれないですね。カゴのカラーおかげで、パッと目を引く寄せ植えになっていると思います。

とびきり元気にカラフルにまとめてもOK!とってもキュートな一鉢になります。カゴのブルーに負けない濃い花(写真はナデシコ)をポンと植えただけ。麻布もあまり出さずに短めにカットして、カゴの色を見せています。お子さんと楽しむキッズガーデンにもピッタリ!喜んでお世話をしてくれるかも?

オレンジ系のカゴなら、野菜苗やマリーゴールドなども良く似合います。色合わせが難しかったら、真っ白の花にしてみるのも上手くいきますよ。

プチプラで、軽くて、いずれ処分する時もラク。100円のプラスチックバスケットを、春のガーデニングプランに加えてみては?


【あなたにおすすめの記事】
■グリーンでワンランクアップ♪おしゃれな部屋を作るコツ!
■手作りパンと旬の野菜が主役!葉山の暮らしと春爛漫テーブル
■観葉植物のマイナスイオンで心と身体に優しい部屋づくり
■100均の焼肉網とラティスで作る棚〜玄関で植物を育てよう〜
■セリアの「ワイヤーバスケット」をおしゃれに活用する方法5選♡