1週あいて、視聴率はどうなる(共同通信社)

写真拡大

 4月1日のNHK大河ドラマ『西郷どん』が“本来”なら本編13話が放送されるところ、『西郷どんスペシャル』と題された特別編に差し替わることになり、直後から視聴者の間で“何があったの?”と訝る声が広がっている。特別編は、西郷隆盛役の鈴木亮平(35)と薩摩藩主・島津斉彬役の渡辺謙(58)の対談や撮影裏に密着するといった内容のもの。

 過去、東日本大震災や国政選挙に伴う特番で放送そのものがなかった例こそあれ、本編を休止して特別編を放送したのは大河57作の歴史で初のことだ。

 理由の一つとされているのが、「働き方改革」だ。昨年11月29日に開かれた会見で、板野裕爾NHKエンタープライズ社長が直前に公になったNHK記者の過労死に触れ、労働環境改善に取り組むことを発表した。その一環として、『西郷どん』の50話のうち3話分を特別番組に置き換える方針を検討していることを明らかにしていた。

 史上初の特別編放送の一因となった、制作現場のスケジュールをNHK関係者が明かす。

「例年、撮影期間は放送前年の9月から翌年10月までと、長丁場になるため、労働時間は厳格に管理され、週2日の休日もある。

 さらに、『撮影の終わりと翌日の撮影入りは最低8時間空ける』という独自の規則も存在します。民放は撮影が押しても翌日の撮影開始時刻は変わりません(NHK広報局は「詳細については回答を差し控える」とした)」

 民放よりは恵まれているという証言だが、局をあげての労働環境改善のなかで、さらに新たな試みをしたということのようだ。

◆俳優は“休日出勤”

 一方、この取り組みは「主演級俳優の“働き方改革”にはならない」(芸能事務所関係者)という声もある。

「確かに大河本編の撮影は週5日です。しかし、残りの2日は休みではなく、今回のような本編以外の特別番組や各メディアの取材が入る。俳優にとって特別編は休みに繋がらない。関連番組が昼夜を問わず放送されているため、“休日出勤”はより一層増えている印象。

 大河の出演は知名度を上げるチャンスだから前向きにやりますが、特別編で視聴率が下がらないことだけを願っている」(同前)

 休止明けでも、ファンの心をつなぎ止められるか。

※週刊ポスト2018年4月13日号