180331_not_much_will_happen_when_satellite_crashes-1ギズモード・ジャパン

中国の無人宇宙実験室「天宮1号」破片に毒性の強い液体が残留の恐れも

ざっくり言うと

  • 中国の無人宇宙実験室「天宮1号」が4月1日に大気圏に突入すると発表された
  • 宇宙事業を展開する「エアロスペース・コーポレーション」が言及
  • 燃え残った破片に、毒性の強い液体が残留している恐れがあると指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング