永井花奈、持ち前の明るさは失われていない(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 3日目◇31日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,564ヤード・パー72)>
第1ラウンドでホールインワンを達成するなど、「68」の好スコアで単独首位発進を決めた永井花奈。第2ラウンドで菊地絵理香に首位を明け渡したものの1打差に食らいついていたが、ムービングデーに1バーディ・3ボギーの「74」と失速。首位と4打差のトータル2アンダー・3位タイに後退した。
【写真】元気娘がドレスに着替えたら…
「風が難しかったですね。風向きが90度変わるくらいならまだ対応できたかもしれませんが、アゲインストがフォローとなったりして。いいショットをしても読み違いで外れたりしてしまいました」。葛城特有の目まぐるしく変化する風に飲み込まれるかたちとなった。
だが、すでに気持ちは切り替えている。「“何ヤード打つ”としっかり決めて打つのが大事だと思ったので、明日に生かせれば。パターのラインも読めてきているので“また明日”という感じで。このコースではアンラッキーはつきものだと思って、自信を持っていったほうがいいのかなと思います」。
逆転優勝へ自らに課したノルマは60台のスコア。「明日は伸ばさなければいけません。伸ばすのが難しいコースですが、良いほうにも悪いほうにもスコアが動くコースなので諦めていません。60台を出してダメなら仕方ない。それを目指して頑張るだけです」と言葉に力をこめた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【写真】永井花奈、賞金10万円ゲットでニッコリ