情にあつい人は、正義感が強く人を信じやすいため、損をしてしまうこともありますよね。しかし、周囲の人たちから愛される人が多いと言えます。自分の思っていることを、相手のためにきちんと伝えてあげられる優しさと強さがあるからでしょうね。


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、占い師の筆者が、“情にあつい人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:「金星帯」が切れ切れの状態になっている…情にあつく人に尽くす相

人差し指と中指の間〜中指と薬指の間にかけて表れる弓上の線“金星帯”。この“金星帯”が切れ切れの場合は、異性に対する情が深く、のめり込んでしまうタイプ。繊細な性格なので、相手のちょっとした言動や行動に一喜一憂してしまいがち。そのため、ダメ男と付き合うと振り回されて、身も心も捧げつくしてしまう恐れが。相手の行動に左右されない強い心を持つようにしましょう。

 

■2:運命線が手首の中央から出て生命線に触れない…情にあつくて愛され上手な相

手首の中央からまっすぐ、生命線に触れずに伸びる運命線の持ち主は、身内から十分に愛されて、恵まれた生活をしてきた人だと言えます。そのため、情にあつく根っからの愛され上手で、人を信じやすい一面も。この線が感情線を越えて中指まで達していれば、素直な性格からパートナーに愛され、末永く恩恵を受けることができるでしょう。

 

■3:感情線全体が鎖状の形である…情にあつい「恋多き女」の相

感情線が鎖状になっているのは、“恋愛体質”の女性に多く見られる相。異性からの人気が高く、恋人に困ることはないでしょう。若い頃は情の深さゆえに色々な恋をするかもしれませんが、「この人!」と思った人には、人生をゆだねる覚悟を決める一面も。特に知能線がしっかりしている場合は、ひとつひとつの経験を活かして魅力的になっていくタイプだと言えます。

 

■4:指先と爪が丸い形をしている…細やかな気配りと情でハッピーになれる相

指先と爪先が細く丸く、指の付け根に向かうほど円錐型をした弾力ある指の持ち主は、細やかな感受性と情のあつさを持っています。音楽や文学など芸術分野での才能に優れ、かつクリエイティブなので、自分の感性を表現していくことで幸運が引き寄せられていくタイプ。感性だけでなく知識も磨いて交際範囲を広くすることで、他分野から幸せがやってくるでしょう。人間関係を大切にすることが幸福へのカギです。

☆絵で見てわかる!手相占い

情にあつい人は、恋愛において一途に相手を愛することができるでしょう。ただ、そこを利用されたり、ダメな相手だと分かっているのに離れられなかったりと人間関係のドロドロに巻き込まれてしまうことも……。それでも、つらい思いをするたびに一皮むけて成長していくタイプなので、とても魅力的な人が多いのもまた事実。もしかしたら、人生を謳歌できるタイプなのかもしれませんね。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ