窓掃除ロボット「ウインドウメイト」

写真拡大

 最近、窓拭きって、やっていますか?

 よく考えると家の窓拭きってほとんどやらないですし、やっているのを見かけない。昭和の頃はお母さんが窓拭きしていたし、学校の掃除でも窓拭きをやらされたのに……。

 筆者はよく外国人バックパッカー向けのホテルに泊まって、日本を放浪しながら、めちゃくちゃな英語を駆使して、世界中の旅人との会話を楽しんでいる。そこで北欧人にされたのが、「なんで日本の家の多くは、窓が汚れているのか?」という質問。「すりガラス」のことを言っているのかと思ったが、そうではなく、窓が汚れて曇っているというのだ。

 海外を旅したことがある方ならおわかりのとおり、ヨーロッパ諸国の家は窓の飾りなど、ちょっとした見せる工夫を凝らしている。それをよりよく見せるために窓もピカピカ

 たしかに北欧の家の写真を見ると、窓ガラスはピカピカで、ちょっとした小物が飾ってある家が多い。しかもカーテンが閉まっている家がすごく少ない。なんでだろうと不思議に思いつつも、北欧人の質問に筆者は「日本は障子を使う文化。だから窓は掃除しなくてOK!」と適当に答えていた。おそらくみなさんの家も、障子ではないにしろ、レースのカーテンを閉めっぱなしにしていることだろう。

 というわけで、もう過ぎてしまったが3月4日は「サッシの日」だったらしいので、久々に窓掃除することにした。

 結論、窓掃除するとメッチャ部屋が明るくなってオススメ! 春の優しい陽を入れて、暖房なしでも暖かく過ごせるようになるかもしれない。

●窓掃除ロボット「ウインドウメイト」高いけど欲しくなる!

 ここで紹介するのは、ロボット掃除機ならぬ窓掃除ロボットの「ウインドウメイト」。実はこの製品、つい最近までロボット掃除機の代名詞「ルンバ」の正規代理店をやっていたセールス・オンデマンド社が国内代理店となっている。

 形はロボット掃除機ソックリなのだが、窓を表と裏から磁石で挟み込むようになっているので、ロボット掃除機が2台、底面を向き合わせたような形になっている。

 窓掃除ロボットは、充電台に相当するものがない。そのため電池を充電するには、本体からリチウムイオン電池を取り出し、専用の充電器を使用する。リチウムイオン電池といえば、カメラやビデオ、モバイルバッテリのように、電池パックになったものが多いが、本製品に入っているのは生のリチウムイオン電池。乾電池やニッケル水素電池以上に、落下や極性間違え、ショートに注意して扱う必要がある。

 使い方は簡単。まず窓へのセットは次の通りだ。

(1)本体にパッドを取り付け専用洗剤をスプレー

 パッドはマジックテープ式になっていて、本体の取り付け部分はバネにより一定の力で窓に押し付けられている。洗剤は専用のものが推奨されているが、通常の中性洗剤を代用してもいいという。ただし窓に直接吹きかけると、タイヤがスリップする原因になるので、パッドにスプレーする必要がある。

 窓の汚れにもよるが、洗剤はパッドがちょっと湿るほどにすればいいようだ。窓に付いた汚れが乾いている場合は、少し水を窓側にスプレーしてやると拭き残しなくきれいな仕上がりになった。

(2)安全のため本体と手を落下防止ベルトでつなぐ

 2つに分かれる本体は、スタートボタンが付いているナビゲーションユニットが1.5リットルのペットボトルほど、窓を掃除する青いパッドがついているクリーナーユニットが1リットルのペットボトルほどの重さがある。窓にセットする体勢によっては、男性でもかなり重く感じる場合があるので、安全のために手と本体をベルトで固定し、落下防止する。

(3)ナビゲーションユニット側にクサビをつける
 
 2つの本体は、超強力なネオジム磁石で窓ガラスを挟むようになっている。あまりにも強力なので、2台を近づけると「バン!」と急にくっ付くので、安全のためクサビを入れ、それを抜くことで静かに窓を挟むようにする。

 スポンジ製のクサビは、弱い磁石で本体にくっ付くようになっているので、強風でも吹かない限り持ち上げてもとれないようになっている。

(4)少し左右にずらして窓をはさみ、スライドして本体を合わせる

 最初からピッタリ合わせて窓を挟み込むと、クサビを入れていないほうの磁石が「バン!」とくっ付くので、少しずらして窓に密着させ、ゆっくり2台の位置を合わせるのがいいようだ。

(5)クサビをゆっくり引き抜いてセット完了!
 
 2台がピッタリ重なったら、落下に注意しながらクサビを抜く。これでセット完了。

●スタートボタン1発でプロの仕上がり!

 セット完了したら、メインの電源スイッチをONにしてスタートボタンを押すだけ。窓拭きの開始位置、つまりロボットをセットする位置はどこでもよく、スタートボタンを押すと上のほうに上昇して、左右にジグザグ走行しながら下まで降りてくる。

 窓拭きの速度は秒速5cm程度。端まで来るとゆっくり動き、窓枠に強くぶつからないようにしている。一般的なアルミサッシ(畳1枚ぶん)なら10分ぐらいでピカピカに拭き上げてくれるという感じだ。

 最初は磁石が外れて落下しないかとハラハラして見ていたが、方向転換をする場合などはゆっくり動き、クリーナーユニットがちゃんと追従しているかをチェックしながら動くようだ。

 この動きは、ウチのペットたちも不思議に見えたようで、ロボットに目を奪われていた。とくにネコのドミちゃんは、最初から最後まで動きを見守っていた。おそらく機会があれば、触ってやろうと思っていたようだ。

 すべて拭き終えると、セットした場所に戻ってくる。汚れがひどく落ちなかった場所は、リモコンの矢印ボタンで本体を動かして、手動で掃除することもできる。また家のアイコンのボタンを押すと、セットした位置に戻ってくるので、取り外すときに便利だ。

 取り外すときも、安全のため付属のベルトで手とロボットをつないでから引き剥がす。また引き剥がしたら近づけないように注意しよう。手を挟まれようものなら、強烈に痛く場合によってはケガをしかねない。

 今回はわかりやすくするために、窓をかなり汚してから試したが、結果は一目瞭然。ビル清掃のプロ並みにピカピカの窓になる。掃除した日はあいにくの曇りだったが、それでも部屋が少し明るくなったのがわかるほど。晴れの日なら暖かい日差しが差し込んで、さぞかし気持ちいいだろう。

 ただ、四辺や四隅、ロック部分の出っ張りは少しだけ拭き残しができてしまう。ふだんならまったく気にならないが、あまりにもピカピカになるので気になってしまうのはうれしい誤算だ。

 1回の窓掃除で、外側は水拭き、部屋側は乾拭きする。しかし部屋側の汚れが激しい場合は、窓拭きロボットの表を裏を入れ替えれば、部屋側もしっかり水拭き可能だ。

 なお汚れたパッドはマジックテープで簡単に取り外せるので、水洗いするなどして干せば何度でも使える。製品には4枚2回分のパッドが添付されているので、外と内側をまとめて窓拭きも可能だ。

 1回の充電で約90分窓拭き可能。状況でいろいろ左右されるが、一般的なサッシの両面を拭いても8枚はイケる換算だ。業務用の大きな窓でもなければ、途中で電池が切れる心配はないだろう。

●拭ける窓と拭けない窓に注意! 購入時はガラスの厚みに注意!

 強力なネオジム磁石でガラスを挟んで窓拭きするウインドウメイトだけに、ガラスの厚みによって安全かつキレイに窓拭きできるよう、4つのモデルが用意されている。

ガラスの厚み 対応モデルの型番 税抜き直販価格
5〜10mm WM1000-RT10PW 64,800円
11〜16mm WM1000-RT16PW 64,800円
17〜22mm WM1000-RT22PW 69,800円
23〜28mm WM1000-RT28PW 69,800円

 ガラスの厚みで対応モデルが変わるので、それをミリ単位で計ってやる必要がある。でもやってみると意外に難しい。そこでセールス・オンデマンド社では専用のメジャーを無償配布している。全国のエディオン、ケーズデンキ、コジマ、ビックカメラ、ヨドバシカメラの各店舗でもらえるので足を運んでほしい。

 またセールス・オンデマンドのホームページからは、ネットで24時間無償(手数料・配送量も無料)で注文可能だ。

 詳しい説明は割愛するが、クワガタのような形をしたメジャーで窓を挟むと厚みが計れ、対応する機種がひと目でわかるようになっている。

 なお分厚いガラス用の機種で、薄いガラスを掃除するのはメーカーとしてはNGとしている。やはり安全性と性能のバランスが保証できないということからだろう。またスウィング窓など一辺が70cm未満のもの、ガラスの厚みが3mm未満のもの、車の窓のようにガラスが曲面になっているもの、四角以外の窓などは清掃できないので注意してほしい。詳しくは、購入前にホームページの注意事項に目を通してほしい。

●窓がキレイだと部屋も明るく気持ちよくなる

 毎日使うロボット掃除機と違って、窓拭きロボットを使うのは週に1度程度だろう。その割には価格が高いと思ってしまうが、よく考えてみると手が届かず危険なので、家を建ててから一度も拭いたことがないという窓もあるだろう。

 これらを窓拭きできるとしたら、決して高い買い物ではない。窓拭きってこんなに気持ちよくなるものなんだ! ということを改めてわからせてくれるのが、窓拭きロボット「ウインドウメイト」だ。
(文=藤山哲人/体当たり家電ライター)