運動会では6カ国語を放送 外国人の子どもが増加し教員が悲鳴

ざっくり言うと

  • 外国人の子どもが急増し、教育現場からは悲鳴が上がっているという
  • 横浜中華街に近い小学校では、運動会は6カ国語で放送したとのこと
  • 「保護者とも意思疎通ができない」「教員の負担も限界」などの声もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング