©︎Disney

写真拡大

東京ディズニーランドは、2018年4月15日で開園35周年を迎えます。

【写真3枚】1983年4月15日 東京ディズニーランド開園の日

これを記念して、2018年4月15日(日)〜2019年3月25日(月)の345日間、東京ディズニーリゾート35周年アニバーサリー“Happiest Celebration! ”を開催します。

35周年をお祝いする前に、東京ディズニーランドが開園した日の様子を見てみましょう。

一番乗りは2日前から並んだ大学生

35年前、1983年4月15日。

朝5時、天気予報は雨のち曇り。

雨が降る中、パークのゲート前には約3,000人のゲストが期待に胸を膨らませて並んでいました。

一番乗りのゲストは、2日前の4月13日から並んでいた埼玉県の大学生の男性でした。

午前9時、東京ディズニーランド開園

8時25分、ドラムロールが鳴り響き、沢山の報道陣が見守る中、ワールドバザール中央で、オリエンタルランドの高橋政知社長とディズニー社のカードン・ウォーカー会長によるテープカットセレモニーがおこなわれました。

もちろん、ミッキーやミニー、ドナルドたちも、この歴史的瞬間の大切な一員でした。

雨の中、メインエントランスのゲートがオープンし、ゲストが入園を開始。

8時45分、ワールドバザール内で高橋社長が「1983年4月15日、ここに東京ディズニーランドの開園を宣言します! 」と宣言。

開園宣言と同時に報道陣のフラッシュが一斉にたかれ、盛り上がりは最高潮に達しました。

9時00分、東京ディズニーランドがいよいよ開園。

傘をさしたり、雨具を身につけたゲストが、歓声を上げながらパークに入園。

キャラクターと記念撮影をしたり、お目当てのアトラクションに向かったりする姿が今と変わらず繰り広げられていました。

ガイドマップで振り返る開園当初のパーク

当時のガイドマップを見てみると、現在のガイドマップとはずいぶん印象が違います。

ガイドマップも日々改良されており、ここにも時代の流れを感じます。

まだ「クリッターカントリー」や「トゥーンタウン」はありませんが、現在も親しまれているアトラクションも沢山あります。

その一つが「イッツ・ア・スモールワールド」です。

実はこのアトラクション、開園日に一番多くのゲストが利用したアトラクションでもあるのです。

小さな子どもから大人まで、笑顔で“世界一幸せな船旅”を体験してきました。

イッツ・ア・スモールワールドは2018年4月15日にリニューアルオープン予定です。

開園を祝うかのような虹

14時00分、マーチングパレードがスタート。

小雨が降る中、小学校や大学、そして社会人による合計12のバンドが参加したマーチングパレードが盛大に繰り広げられました。

夕方頃には、ワールドバザールのショップもお土産を購入するゲストで大賑わいだったようです。

そして雨も上がり、パークの空には大きな虹がかかりました。

22時00分、パークは閉園時間を迎え、ゲストは名残惜しそうにゲートを後に家路につき、歴史的な一日は幕を閉じました。

高橋社長による開園宣言から35年。

日本のエンターテイメントの歴史を変えてきた東京ディズニーリゾートの新たなる一歩がいよいよ始まります。

東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration! ”、2018年4月15日(日)スタート