Facebookがアルゴリズムを変更し、友人や家族からの投稿を優遇しはじめたのは1月のことだ。それ以来、広告バイヤーのクライアントのあいだで、インフルエンサーコンテンツに注力するという声が聞かれるようになった。インフルエンサーのコンテンツであれば、ニュースフィードに埋もれてしまう可能性が低いからだ。その結果、インフルエンサーたちが自分たちの価値を認識し、料金の値上げに乗り出している。

今回の告白シリーズでは、マイクロインフルエンサーであり、小売りブランドのソーシャルキャンペーンを支援しているブロガーに、Facebookのアルゴリズムの変更がインフルエンサーの価格にどう影響したのかについて話を聞いた。

以下、読みやすさのため少し編集してある。

――アルゴリズムの変更は、Facebookでのエンゲージメントにどのような影響を?



私はアルゴリズムが大嫌いだ。ターゲットオーディエンスにリーチするのが、以前よりはるかに難しくなっている。1年前には、何かを投稿すれば2時間で1800回のビューを得ることができたが、いまでは42回だ。全体的に見ても、Facebookページ上のインフルエンサーの投稿で明らかに落ち込みがみられている。まったく変化がないインフルエンサーもいるが、それは彼らがいまも膨大な数のオーディエンスを抱えているからだ。しかし、オーディエンスの多くはFacebookから離れてしまっている。彼らはFacebookとインスタグラム(Instagram)を行ったり来たりしているのだ。なかには、1日中Twitterで過ごす人たちもいる。

――そのような状況に対して、どのような対策を?



投稿を増やすことが必要になるだろう。したがって、一緒に仕事をしているブランドがFacebookの投稿を望んでいることがわかれば、彼らへの請求額を少し引き上げることになる。なぜなら、投稿がもっと目に留まるようにするには、投稿数を増さなければならないからだ。成功するにはお金を払う必要がある。

――どれくらいの値上げを?



通常は25%ちょっとだ。なぜなら、投稿が確実に目に留まるようにしたいからだ。そのためには、週に一度は投稿を増やす必要がある。したがって、Facebookの投稿1回につき500ドル(約5万2000円)程度だ。Facebookでシェアするだけなら、250ドルから400ドルくらい(約2万6000円から4万2000円)になる。

――アルゴリズムの変更を理由に、インフルエンサーが料金を引き上げているのは一般的なことだろうか?



そうだとも、そうでないともいえる。インフルエンサーのなかには、理由は何であれ、とにかくできるかぎり価格を引き上げようとする人たちもいる。だが、金額に見合った働きができる人たちが価格を引き上げているのは、当初の要望をはるかに超える成果を上げているからだ。可能な限りエンゲージメントを構築し、結果を出してきた実績があるなら、価格を上げることは可能だ。その人にはそれだけの価値がある。フォロワーの数だけで、値上げをする価値が自分にあると考えてはいけない。

――ブランドにその金額を支払う意思はある?



答えはイエスだ。その点でブランドは我々の要求に応えてくれている。投稿を増やすことが必要になれば、その増加分を料金に含めると明言してくれているのだ。おかげで、非常に助かっている。半年ほど前は、その部分の補償が得られず、我々はお金を失っていた。だがいまは、チャンスが増え、料金も上がっている。ブランドのほうから、「これは我々の依頼だが、投稿を増やしてほしい。そうすれば75ドル(約7900円)を支払う」と持ちかけてくるのだ。ただし、固定料金を引き上げたいというなら、それはあなた次第だ。

――いまになってブランドが値上げを受け入れている理由は?



スポンサードコンテンツを宣伝し、彼らの求める牽引力をもたらすという点で、インフルエンサーは優れた仕事をしていると、私は考えている。

――アルゴリズムの変更によって、ほかのプラットフォームの魅力が高まっている?



私にとって、インスタグラムはいまや欠かせないものだ。インスタグラムでは確実にエンゲージメントが得られるため、インスタグラムでの投稿のほうが高い料金を請求できる。ここでは、アクションにつながるインサイトを得られるのだ。以前のことだが、自分が読んだ本について投稿したところ、その2カ月後に、ほかの人からその本を買ったといわれたことがあった。私はそのやり取りのスクリーンショットを撮って、取り組みが実際にうまくいっていることを証明できる。

Ilyse Liffreing(原文 / 訳:ガリレオ)