上原彩子、優勝に手が届く位置で決勝Rへ!(写真は初日)(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ANAインスピレーション 2日目◇31日◇ミッション・ヒルズCC ダイナ・ショア・トーナメントC(6,763ヤード・パー72)>
日本勢4名出場している米国女子メジャー初戦「ANAインスピレーション」の2日目が終了。首位と1打差の2位タイから出た上原彩子は、3バーディ・2ボギーの「71」のトータル7アンダー・4位タイでホールアウトした。
【関連】女子プロたちが360度カメラに興味津々!?
首位と5打差で決勝ラウンドを迎える上原は、「全体的に良い感じで調整できている。優勝というのも手の届かない目標じゃない」と意気込みを語った。
トータル12アンダー・首位タイには、パク・ソンヒョン(韓国)とパーニラ・リンドベルグ(スウェーデン)が立った。3打差・単独3位には今季すでに1勝を挙げているジェシカ・コルダ(米国)が続いた。
日本勢では、畑岡奈紗がトータル1アンダー・41位タイ。日本の賞金女王鈴木愛は、トータル1オーバー・63位タイで決勝ラウンドに駒を進める。野村敏京はトータル7オーバー・109位タイで予選落ちとなった。
そのほか、昨年プレーオフで敗れたレクシー・トンプソン(米国)はトータル4アンダー・15位タイ、昨年覇者のユ・ソヨン(韓国)はトータル1オーバー・63位タイとなった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

上原彩子が躍進!「ANAインスピレーション」のリーダーボード
会場で“マスターズ”さん発見!【編集T初めてのANAシンスピレーション#6】
328ヤードかっ飛ばしたレクシー・トンプソン「ドライバーが打ててうれしい」
キム・ハヌルのウェアが鮮やか!「ヤマハレディース」のフォトギャラリー
360度カメラで体感!コースをぐるっと見れちゃいます!