森友問題で支持率を下げる安倍政権だが、現実的な「政権交代」の受け皿があるわけではない(写真:REUTERS/Issei Kato)

「全会一致で賛成だ」

3月30日午後6時から始まった民進党両院議員総会。開始から1時間40分を経た午後7時40分に党本部5階の会場から出てきた民進党の議員たちは、口ぐちにそう述べた。だがその言葉とは裏腹に、彼らの表情はいまいちすっきりしていなかった。

「次期総選挙での政権交代」を目標

この日にとりあえず了承されたのは、大塚耕平代表が29日に提示し、役員会や常任幹事会でかけられた「民主主義と国民生活を守るために」だ。その内容は、 崔翔仕な新しい党」「新しい民主党」である新党を結党することを目的とし、∋屬魘νする同志に結集を呼びかけるもの。「次期総選挙での政権交代」をも目指している。

これを受けて大塚代表は週明けから、立憲民主党の枝野幸男代表と希望の党の玉木雄一郎代表に合流を呼びかける予定だという。だが枝野代表は30日午前の会見で「合従連衡するつもりはない」と述べ、これに応じる気配はない。というのも、民進党と合流しなくても、立憲民主党だけで2桁の支持率を得ている。しかし民進党の支持率は立憲民主党の10分の1程度で、合流するメリットは立憲民主党側にはないからだ。

一方で民進党との合流に意欲的な希望の党は30日に臨時の役員会を開き、合流に反対している松沢成文参議院議員らの切り離しに向けて進めることを決定した。「希望の党」という党名は松沢氏らが受け継ぎ、その他のメンバーは順次に民進党へ移動する予定。立憲民主党との連携を主張してきた大串博志衆議院議員らは、遅れて参加する見込みだという。

いったい何が起きているのだろうか。

こうした流れは民進党への回帰であると同時に、昨年10月の「小池新党結成」のプロセスの逆行ともいえるだろう。当時、民進党の衆議院選候補を振り分けた基準となったのは憲法観と安全保障についての考えだが、30日の民進党の両院議員総会でもこのことがひとつの論点となった。「希望の党のメンバーは憲法観や安全保障の考えが我々とは違う。そういう人たちと一緒にはやれない」との声も上がったのだ。

実際に民進党の中には、希望の党よりも立憲民主党へのシンパシーが強い議員も多い。両院議員総会の後に岡田克也元代表は記者に対して「野党のリーダーは枝野氏だ」と述べたのはひとつの象徴といえる。また立憲民主党との連携を模索する参議院議員数名は、両院議員総会の前に小川敏夫参議院議員会長の部屋に集まって今後の対応を協議した。

「分党を認めろ」という意見も

両院議員総会ではその他に、「様子見だ」「いまそれを決めるタイミングではない」とする意見も出た。「新党結成について賛成したわけではない。これから審議するということについて、賛成しただけだ」という意見もあった。要するに新党結成に逸る執行部以外は、実質的に進めていこうとする議員はあまり多くないということになる。

さらに合流が決まって新党協議会が開かれた結果、納得できない内容が出てくれば、「分党を認めろ」という意見も出た。しかし民進党が分党されると、いまは合流に積極的な希望の党の態度が変わる可能性もある。

「我々がほしいのは民進党の地方組織だ。民進党が分党して地方組織が割れたりすれば、何のために合流するのかわからない」と、ある希望の党の関係者は語る。地方統一選まであと1年だが、立憲民主党が順調に都道府県連を立ち上げているのに対し、希望の党では肝心の地方組織の結成がなかなか進んでいない。統一地方選の後には参議院選も控えている。すでにカウントダウンは始まっている。

だが、それよりも切羽詰まっているのが彼らの最大の支持組織である連合かもしれない。

「連合は5月のメーデーまでに、“新民主党”を結成してほしいと願っているようだ」

民進党関係者は、このように話す。この関係者は「いままさに連合は分裂の危機を感じている」と次のように解説してくれた。

「昨年の衆議院選では、旧社会党の流れをくむ総評系の自治労が立憲民主党を応援した。そのうえ来年の参議院選では、私鉄総連と日教組が立憲民主党からそれぞれ組織内候補を擁立することを決定している。一方で、旧民社党系で同盟系のゼンセン同盟は希望の党を支援した。政党がいまのように別れたままなら、連合内の労組も総評系と同盟系とに股裂き状態になりかねない」

…よって、“4月内の民進党への合流”という流れは、連合からの強い要望でもあるという見立てだ。しかし、そううまくいくだろうか。

世代交代の問題も

実はこの問題の根底には、世代交代の問題も絡んでいるとの見方もあり、それが事情を一層ややこしくしているというのだ。枝野氏が代表を務める立憲民主党との合流なら世代交代は進まないが、玉木氏が代表を務める希望の党と合流すれば、一気に世代交代がすすんでしまうだろう。それを嫌う民進党のベテラン議員は、希望の党よりも立憲民主党にシンパシーを感じているようだ。

民進党と希望の党が合流すれば、バラ色の将来が開けるといえるわけでもない。両党ともに支持率は1%前後だが、合流しても単純にこれらを足して得た数字になるわけではない。とりあえず民進党は4月1日に全国幹事会・自治体議員団等役員合同会議を開き、地方の意見を聞く。果たして新年度初日に、彼らは新たなスタートを切るきっかけを掴めるのだろうか。