新西海橋、渦潮、桜が見られるのは西海橋上の駐車場側

写真拡大

いま各地で満開を迎えている桜。そこで今回は、九州各地の名所、穴場などを訪れ、咲き誇る桜を取材・撮影してきました!この美しい姿が見られるのもあとわずかなので、さっそくお花見にでかけよう!

【写真を見る】ライトアップも行われる芝生広場。近くの売店には、無料の貸しゴザも用意

■ 西海橋公園/長崎県佐世保市

佐世保市と西海市を結ぶ西海橋、新西海橋を中心とした公園。日本三大急潮の一つ・針尾瀬戸のダイナミックな渦潮と共に、10品種の桜が楽しめる。

周遊コースはさまざまな角度で桜を楽しめるので、ベストショットを求め散策する人も多い。4月8日(日)まで「春のうず潮まつり」が開催されており、期間中は、ぼんぼりに照らされた夜桜の観賞ができる。

■ 取材スタッフのおすすめポイント!

轟々と鳴り響く渦潮と優美な桜が一緒に見られるのは珍しい。橋の中心部では真下に渦潮を見られ、スリル満点。橋と桜のベストショットが狙えるのもポイント。サンセットもキレイなので、夕方から夜にかけて訪れるもおすすめ。

[桜DATA]本数:約1000本 / 見頃:3月下旬〜4月上旬 / 品種:ソメイヨシノなど / ライトアップ:あり(18:30〜21:30※予定) / 桜まつり:「春のうず潮まつり」※〜4月8日(日)

[西海橋公園]長崎県佐世保市針尾東町2678 / 0956-58-2004 / 終日解放

【取材、文=久保田学、撮影=的野季生】(九州ウォーカー・久保田学)