沖縄旅行で食べたいスイーツといったらコレ!
フレッシュなフルーツたっぷり!目にも鮮やかな沖縄のかき氷「ぜんざい」4選

GWに沖縄旅行の計画を立てている人も多いのでは?沖縄で是非食べたいのが、沖縄で「ぜんざい」と呼ばれるかき氷。フレッシュなフルーツがたっぷり乗った目にも鮮やかな一皿に、バカンス気分も高まるはず!

1.〈残波果実氷店〉/読谷

ダイビングショップのオーナーの妻が夏限定で営む店。

シロップは、県内の農家から仕入れたマンゴーやパインを切り、少しの砂糖を加えただけとシンプル。フルーツが存分に味わえる。

2.〈田中果実店〉/恩納

マンゴーの果肉をたっぷりのせたかき氷に、マンゴーアイスと、マンゴーそのものを添えた贅沢な一皿。

旬に合わせ6月から10月ごろまでの限定販売だ。地元恩納村のフルーツを使ったジャムや無添加マフィンも販売している。

3.〈喫茶 ニワトリ〉/浦添

人気ベーカリー〈ippe coppe〉の庭に4月から9月末まで限定オープン。

県産の水で作るきめ細やかな氷の上に、てんさい糖や三温糖、黒糖など、風味の異なる5種の砂糖をブレンドした上品な甘さのシロップと旬のフルーツを使ったソースがたっぷり。

4.〈cafe CAHAYA BULAN〉/本部

目の前に伊江島を望む絶好のロケーション。美しい海とともに心を癒してくれるのが「チェー」というベトナムのひんやりスイーツ。

フルーツがたっぷり入った「トロピカル」のほかに、沖縄の昔からのおやつをアレンジした「あまがし」や「金時」を用意。

(Hanako1136号掲載/photo : G-KEN, Kengo Tarumi text : Keiko Kodera)