ポニーテールは顔周りの髪を残すのがおしゃれ!

長い方がいい?ポニーテールの横髪の長さ

最近はポニーテールはきっちり結ばず、こめかみ部分にある横髪を残してルーズに仕上げるのがトレンド。横髪があることで、顔の横の余白がなくなり、デカ目と小顔効果が期待できます。横髪は別名触覚とも呼ばれていて、芸能人にも人気です。

 

ポニーテールの横毛の切り方について

横髪のカットは美容師さんにオーダーするのがベストですが、手軽に自宅でセルフカットも可能です。小顔に見えるポイントは、横髪をあごラインの長さにすることと、横髪の幅をあごの幅に合わせること。動画を見てカットすると失敗しませんよ!

 

ポニーテールの横髪なしはきっちりしすぎ?

ポニーテールの横髪なしは、髪をきっちりまとめたい仕事の会議時などにオススメ。知的な雰囲気ですし、モードさもあるのでモノトーンファッションに合います。特に黒髪のロングヘアの人にオススメです。

 

不器用女子も簡単!ポニーテールの横髪のつくり方

横髪は全体のバランスを見て残しましょう。残しすぎると野暮ったくなるので注意。一気に残すよりも、少しずつ引き出してばらつきがある方がラフでおしゃれ♡髪を結ぶ前に横髪を一度まとめて出して、鏡を見ながら調整しましょう。

 

ポニーテールの横髪は巻く!イマドキポニーテール

横髪をコテでワンカールすればおしゃフェロ♡

ポニーテールをセットしたら、横髪をコテでワンカール。横髪の揺れるニュアンスが女性らしさを引き立てます♡全体をラフにまとめたいときは、しっかり強めのカールよりも、ふんわりゆるめのカールにしましょう。

 

無造作に横髪を出して抜け感を演出♪

ラフに引き出して数本になった横髪は、1本ずつ丁寧にゆるめのカールをつけましょう。画像のような明るいヘアカラーなら、ラフな横髪で透明感がアップします♪横髪を巻くことで、ラフに仕上げてもだらしなさが出ません。

 

ふわっとナチュラルに残すポニーテールの横髪

横髪と一緒に耳下の髪も残してナチュラルに♪

横髪を細めに残したら、耳下の髪を結び目から引き出すと、ナチュラルな雰囲気に♪つくり込んでいない自然な仕上がりで、抜け感たっぷりです。横髪は残しすぎず、産毛が見えるまで少なめに残すのがポイント!

 

横髪を耳上にかけるように結んでみよう

横髪を残して、耳周りの髪が耳を覆うようにまとめるとこなれた仕上がりに♡耳をしっかり出すのもいいですが、耳にかぶるようにあえてゆるくまとめるのもオススメです。女性らしい柔らかな雰囲気のポニーテールに仕上がります。

 

こなれ感たっぷり!サイドポニーテールの結び方

結び目を横にするだけ!毛束のふんわり感が引き立つ結び方

サイドポニーテールなら、幼くなりがちな高い位置のポニーテールもおしゃれに♪毛束のふんわり感が引き立つように、コテで全体を巻いてからまとめましょう。

 

横髪と毛束のふんわり感がポイント♪

サイドポニーテールも、横髪を出してルーズに仕上げるのが今風♡横髪は出しすぎず、細くなるように出してポニーテールの毛束感を引き立たせましょう。

 

ポニーテールの仕上がりは横髪次第♪長さや巻きにこだわろう

横髪を残すだけでこなれ感たっぷりになるポニーテール。横髪はそのまま残すだけじゃなく、コテでワンカールプラスするとより大人可愛く仕上がります♪アレンジに迷ったらぜひ横髪ありのポニーテールにトライしてみてくださいね!