「呉ハイカラ食堂」で提供されている潜水艦そうりゅうのテッパンカレー(提供:呉市観光振興課)

先日、広島県の呉市を訪問してきた。呉は、横須賀、佐世保、舞鶴と並び、旧海軍の鎮守府が設置された“旧軍港市”であり、2016年4月には、「海軍とともに歩んだまち」「日本近代化の躍動を体感できるまち」として、文化庁から日本遺産の認定を受けた。


9つの峰に囲まれている「九嶺(きゅうれい)」がなまったのが地名の由来とされる呉湾に浮かぶ艦船たちを見ながら歩き、呉海自カレーを1皿でも多くたいらげたい(写真:たわばう / PIXT)

呉には、10分の1サイズで忠実に再現した戦艦大和を中心に、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)六二型や人間魚雷「回天」等の実物資料を展示する「大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)」や、建物前面に据え付けられた本物の潜水艦がシンボルになっている「てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)」、さらに、海上自衛隊呉基地や旧海軍の戦艦大和建造ドック跡地などを遊覧船で巡る「呉艦船めぐり」などさまざまな観光資源がある。

また、見学には事前申請が必要であるが、原則毎週日曜日には海上自衛隊の呉地方総監部の庁舎や艦艇、旧日本海軍地下作戦室などの公開も行われている。

このように見どころが多い一方で、食べ物に関しては牡蠣(かき)や、レモンをはじめとする柑橘類の栽培が盛んなほか、軟水を使った地酒なども作られているものの、同じ広島県内の観光地である広島市の「広島風お好み焼き」や尾道市の「尾道ラーメン」のような、インパクトのあるグルメがなかった。

そんな中、2015年4月3日にスタートしたのが、「呉海自カレー(以下、海自カレー)」だ。海自カレーとはもちろん海上自衛隊カレーの略であり、海上自衛隊のカレーを忠実に再現したもので、現在、呉市内の30店舗で提供されている。

本稿では、この海自カレーの“生みの親”ともいうべき、呉市産業部観光振興課の濱田亜希子さんに話をうかがい、海自カレーが人気グルメになった理由を探ってみた。

「海軍カレー」と何が違うのか

この海自カレーがどのようなものなのかを説明するには、似たようなものと思われがちな神奈川県横須賀市の名物「よこすか海軍カレー(以下、海軍カレー)」と比較するとわかりやすいかもしれない。

2014年度に実施した「全国ご当地カレー知名度調査」(カレー総合研究所調べ)で知名度ナンバーワンになった海軍カレーは、明治41年に発行された「海軍割烹(かっぽう)術参考書」に記載されたカレーライスのレシピに基づいて、旧海軍で食べられていたカレーを再現したものだ。

一方の海自カレーは、現在の呉基地に所属する海上自衛隊の各艦艇や呉教育隊などの陸上部隊で実際に食べられているカレーのレシピに基づき、海上自衛隊の調理員が呉市内の飲食店に直接作り方を伝授し、忠実に味を再現している。つまり、海軍カレーと海自カレーは名前こそ似ているものの、まったく別物なのだ。


クレイトン ベイ ホテル「ヴェール・マラン」で提供されている練習艦かしまの牛舌カレー。写真のカレーにサラダとデザートが付く(筆者撮影)

なお、一口に海自カレーといっても、部隊ごとに独自のカレーのレシピを持っている。また、A店では「護衛艦うみぎり」のカレー、B店では「潜水艦けんりゅう」のカレーを提供するというように、店舗ごとに提供するカレーがダブらないシステムにしているため、さまざまなカレーが楽しめるのが海自カレーのミソになっているのだ。

実は、海上自衛隊で実際に食べられているカレーを食べられる機会は、呉で海自カレーが始まる前から存在していた。先駆けとなったのは長崎県佐世保市で2013年から毎年行われている「GC(護衛艦カレー)1グランプリ」だ。同イベントは海上自衛隊員が腕を振るい、護衛艦で食べられているカレーを作り、そのおいしさを競うというものだ。

同様のイベントは「護衛艦カレーナンバー1グランプリinよこすか」として、2014年に横須賀市でも行われたが、あまりにも混雑しすぎて入場制限がかかるほどの人気ぶりだった。

呉市と海自の初コラボ

こうした各地で開かれる海上自衛隊のカレーイベントの人気を受けて、2014年に呉市役所内でもカレーイベントをやろうという話が出た。しかし、たとえ1〜2日であっても、イベントを開催するには多大な経費がかかるうえ、イベント当日だけお客さんが来ても、市の観光客の大きな増加にはつながらない。そこで、濱田さんは「いつ呉を訪れても、海上自衛隊のカレーが食べられるようにするには、どうしたらいいか」を考えた。

そこで思いついたのが、海上自衛隊のカレーのレシピを市内の店舗に伝授して、店で作ったカレーを提供するという方法だ。多くの店に参加してもらうことで、呉を訪れたお客さんにとっては食事をする店舗の選択肢が増え、店も儲かり、さらに、店で自衛隊のPR・応援をするというシステムにすれば自衛隊にとってもメリットがある。まさに一石三鳥のシステムだ。

濱田さんがこの話を海上自衛隊に持って行ったのが、2014年の8月頃だった。意外に感じるが、“自衛隊の街”であるにもかかわらず、それまで呉市と自衛隊が一緒になってイベントなどを行うことはほとんどなかったため、前例のないケースであり不安も大きかった。しかし、運良く当時の責任者である呉地方総監が、東京で広報に携わった経験を持つ人であり、「自衛隊はもっと地元に貢献すべき。地元と一緒になって地元のPRをするべきとおっしゃってくれた」(濱田さん)ことが大きく、プロジェクトは一気に動き出した。

11月には新聞や市のホームページなどで、海自カレーを提供してくれる店舗の募集を開始した。当初の予定では20店舗ほど募集するつもりだったが、実際に集まったのは13店舗だった。濱田さんは「最初は少なくても、少しずつ増やしていけばいいか」と思ったが、ここでも総監が、「13店舗じゃ少ない。試食会をやろう」と提案。参加しようか迷っている店舗を集め、4つの艦艇のカレーを提供して試食会を行うとともに、海上自衛隊のカレーに対するこだわりなどについて説明会を行ってくれた。結果、参加店舗は22店舗まで増えた。

事業の準備は参加者を集め、ワークショップ形式で商標名を決めるところから始まった。濱田さんは当初、「呉海上自衛隊カレー」にしようと思っていたが、呉では海上自衛隊のことを親しみを込めて“海自”と呼ぶことから、参加者の意見で「呉海自カレー」が正式名称になった。そのほか、PRの仕方なども参加者で話し合って決めた。

その後、各艦艇・部隊から提供されたレシピを見て、参加者は自分の店で出したいカレーを第1希望から第3希望まで選んで決めるという、レシピと店の“マッチング”を行った。こうして、どの店でどのカレーを出すかが決まると、艦艇から店へ調理員が調理指導に赴いた。レシピを提供するのみならず、実地の調理指導まで行うことに、自衛隊の並々ならぬ思いが感じられる。そして、最後に司令や艦長が店で作られたカレーを食べ、「うちの部隊で出しているカレーとまったく同じだ」と判断して、ようやく“認定証”が授与され、カレーが提供できるというルールにした。

予想以上の人気で「大赤字」に

こうした呉海上自衛隊の全面協力のもと、2015年4月3日に、隊員のラッパ演奏とともに「出港用意」の号令によりスタートした海自カレーだが、濱田さんは当初「そこまでの人気にはならないだろう」と思っていたという。


カレーを食べて集めたシールで景品と交換できる「シールラリー」も、海自カレー人気に一役かっている(筆者撮影)

呉の海自カレーを面白くしているものの1つに「シールラリー」というものがある。各店舗で海自カレーを食べると、店ごとに部隊のオリジナルロゴデザインのシールがもらえ、これを台紙に貼っていく。何枚か集めるごとに景品と交換でき、全店舗を制覇するとシリアルナンバー入りのレアな景品と交換できる。

スタート時、このシールは市が購入し、各店舗に500枚ずつ配布した。濱田さんは、500枚あれば1年間持つだろうと踏んでいた。ところが、ふたを開けてみると1カ月に500枚以上出ている店がほとんどで、500枚が1週間でなくなった店もあった。初年度ということもあり、市の事業としてきちんと予算を組んでなかったことから、追加のシールの購入は、店側にお願いすることになった。

また、初年度のコンプリート賞の景品は、実際に海上自衛隊の食事の盛りつけに使われているステンレス製のプレートを購入することにした。参加店舗の中には夜しか店を開けない居酒屋もあるので、コンプリートするのはハードルが高く、濱田さんは「年間で、30人くらいしか出ないだろう」と思い、高価な景品にしたのだ。ところが、実際には1年間で738人もコンプリートする人が現れ、結果的に大成功なのに大赤字の事業になってしまった。

そして、海自カレー人気を象徴する出来事は5月に起きた。実は、初年度の参加店舗22店舗のうち、4月のスタート時から海自カレーを提供していたのは21店舗だった。残りの1店舗は呉の地酒メーカーが広島駅の名店街に出店するアンテナショップで、1カ月遅れの5月中旬にオープンした。

海自カレーのスタートからまだ1カ月半しか経っていなかったにもかかわらず、この店のオープンの当日、すでに残りの21店舗を制覇した人々が開店前から列をなした。コンプリート賞の景品であるプレートには、シリアルナンバーが刻印されており、少しでも若い番号の景品を手に入れようと、平日にもかかわらず多くの人が押し寄せたのだ。


海自カレー「認定証」(筆者撮影)

この日は、初のコンプリート賞が出るということでマスコミも駆けつけた。また、景品の引き渡し場所が呉市内の「てつのくじら館」だったため、電車・車・バイクで来ていた人のうち、誰が一番早く広島から呉に戻り、1番のシリアルナンバーを手に入れたかといったことも話題になった。結果は、バイクの人が一番早かったという。

海自カレーのPRについて濱田さんは「とにかく、無事に事業をスタートすることに必死で、積極的なPRは打ててなかった」と話す。しかし、呉市と自衛隊の初のコラボということもあり、上述の試食会、認定式、出港セレモニー、そして初のコンプリート賞など、節目ごとに地元のテレビ等で取り上げられ、それが、面白いということで全国に流れたのが、大きなPRにつながった。初年度に全店舗コンプリートしたお客さんは、呉市外からの訪問が5割強、広島県外からの訪問が16パーセントにも上った。

厳格なルールを自ら定めた

海自カレーの認定には、実は厳格なルールがある。まず、レシピを提供する部隊の司令や艦長が交代するたびに、改めて認定をやり直す必要がある。加えて、レシピ提供元の部隊には、カレーが食べられるチケットを年間で10枚渡しており、事前通告なしの抜き打ち検査をするよう頼んでいる。この検査では、味が保たれているかはもちろん、接客についてもチェックされ、もし不合格になれば改善を求められ、改善できなければ海自カレーを提供できなくなってしまう。


呉市産業部観光振興課の濱田亜希子さん(本人提供)

こうした厳しいルールは濱田さんが決めたというが、当然、参加店舗側からは厳しすぎるという反発もあった。それでも濱田さんは「自衛隊の名前を使わせていただき商売をする以上、迷惑をかけるようなことがあってはならない」と譲らなかった。

一方で、海自カレーの値段は各店舗に任せ、付け合わせのサラダなどで値段を調整している。カレーの値段がほかのメニューとバランスを欠いて安くなり、カレーばかりが出て店の売り上げが落ちては困るからだ。こうした皆がなるべく損をしないよう最大限配慮することこそが、事業成功の秘訣ではなかろうか。

海自カレーの提供食数は、事業開始初年度の2015年度は11万1675食、2016年度は13万1786食、2017年度は10万7821食(2月末時点)と毎年10万食を越えている。さらに、店舗にレシピ・調理法を伝授する「呉方式」の海自カレーは、横須賀でも呉に遅れること半年ほどの2015年9月から始まり、青森県むつ市の大湊でも2017年6月から開始され、全国に広まりつつある。

濱田さん自身は、今年度から海自カレーの担当を外れているが、「長い間、観光の仕事に携わってきたが、市の職員もガイドブックを見ながらカレーを食べ歩いてくれているのを見たときは本当にうれしかった。やはり、地元の人が喜んでくれるイベントでないと、観光客の皆さんも足を運んでくれないのではないか」と振り返る。